• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

目からウロコの仕事ハック

知ってた?これを押さえていない会議はまったく無意味!

2015年5月28日

有益な会議の指標は「行動につながるかどうか」で決まる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

本コラムでは「アイデアを実現するためのカリキュラム」の提供を目的としたブログ99Uの記事をご紹介して

いきます。仕事に関するさまざまなノウハウを取り上げた本サイトでは仕事効率化、モチベーション、失敗の対

処法、メール術、体調管理など幅広いテーマをカバー。仕事にまつわる様々なテーマを学問的な知見を交えなが

ら分かりやすく解説。常識を覆すユニークな視点で書かれた記事が魅力です。

ほとんどの会議は時間のムダ

 会議は、多くの時間を取られるわりに得られるものが非常に少ないのです。

 よって、会議は行わなくてよいのなら、なるべく避けるのが懸命。


 会議の有用性を考える時、そのためにいかに大きな代価を払っているかを認識する必要がある。会議は、各チームメンバーのワークフローを妨げ、ほぼ全てのプロジェクトの進行を停止させ、一つの議題に全思考力を費やすことになる。これからも明らかなように会議は、むやみ行うものではない。しかし、現状では多くのチームが、コーヒーを買うくらい頻繁にミーティングを行っているのだ。
(「Measure Meetings With Action」Behance Team著)

意外と知られていないダメな会議とは?

 ダメな会議とはなんでしょう?

 それは、具体的な行動につながらず、話し合いだけで終わってしまうものです。

 99Uを運営するBehance Teamは、やらない方がよい会議に以下のものを挙げています。

1. 進捗会議
 進捗会議はやってもムダです。プロジェクトの進展報告は、留守電やメールで十分。次の行動が明確にされないまま会議が終わり、毎回その意義を疑っている自分がいたら会議が上手く機能していないサイン。

2. 月曜会議
 「月曜日だから!」という理由で会議を開くのは、まったくのナンセンス。土日の間に膨れ上がった受信箱の処理に追われる月曜日に会議を開くと、かえってチームメンバーの負担を増やすことになります。また、定例会議はおうおうにして進捗報告に陥りがち。上記でも述べたように、そのために会議を開く意味はありません。

3. 具体的な行動を明確にしない会議全般
上記の2つもそうですが、次の行動が明確にされない会議は意味がありません

 会議の終わりに、各メンバーに自分の着手すべきタスクを言語化してもらいましょう。一人30秒で十分です。こうすることで、見落としていたステップを指摘し合うことができます。また、同僚の前で自分の次のタスクを明言することでメンバーに責任感が生まれます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ