• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

セブン、ローソン、ファミマ、こんなに味わいが違うとは! 大手3社のコンビニ・ドーナツ食べ比べ!

2015年6月15日

セブン、ローソン、ファミマのチョコ味オールドファッション、どこのが美味しい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 コンビニのカフェ化が止まらない。2012年ごろからコンビニ各社では店舗内で「カウンターコーヒー」とも呼ばれる淹れたてコーヒーの提供をスタート。リーズナブルな価格に加え、本格的な味わいが人気に火をつけ、今では幅広い層が愛飲するようになった。もはやブームの粋を超え、コンビニカウンターの顔として定着しつつあるといえるだろう。

 そんなコーヒーと合わせて楽しんでほしいと、今コンビニ各社では店舗内で販売するドーナツに力を入れている。セブン-イレブンでは2014年10月末から、ローソンでは2015年3月からドーナツの本格展開を開始。ファミリーマートも今年4月にドーナツシリーズをリニューアルした。各社のドーナツはどんなふうに違うのか? 今回はコンビニ大手3社のドーナツを一挙紹介!(※価格は特記がない限り税抜)

■セブン-イレブン

 セブン-イレブンでは、2014年10月末より関西地区から「セブンカフェドーナツ」の販売を順次スタート。今年の8月末までに全国展開を予定している。

SEVEN CAFE Donut(セブンカフェドーナツ)
取扱店舗数:5700店(※2015年4月末現在、全1万7636店舗中)
ラインナップ:約10種(※販売地域は商品により異なる)
価格:93円~102円

ドーナツは専用工場で1日に2回揚げ、製造後3時間以内に店舗に配送される。

 人気は定番の「チョコオールドファッション」(93円)や「もちもちいちごリングドーナツ」(93円)。ラインナップにはご当地らしさを感じる販売地域限定商品もあり、「宇治抹茶オールドファッション」(102円)や鳥取県の白バラ牛乳を使った「白バラ牛乳のホイップドーナツ」(102円)は近畿や四国の一部地域のみでの販売だ。

 ドーナツは全国に24カ所あるセブン-イレブン専用のパン工場で製造しており、専用設備を使用し、商品特性に合わせた製造方法を採用しているのが特長。たとえば「チョコオールドファッション」はフライ中に絶妙なタイミングで一部は手作業で反転させ、ざくざく食感を実現。「もちもちいちごリングドーナツ」は潜行式フライ(※油の中に生地を入れ、網などを使って沈めたままフライする方法)によって、もちもち食感をアップさせている。

 さらにドーナツを揚げるためのオイルも体にやさしい低トランス酸オイル、かつ生地に甘みを感じられるドーナツ専用オイルを採用。パッケージも商品特性によって「紙包装」「フィルム包装」「一部通気包装(フィルム+紙)」を使い分けるなど、細部にまでこだわりが光る。

 ドーナツはレジカウンターで、「セブンカフェ」と合わせて展開しており、「ドーナツと一緒に、一杯ずつ挽きたて、淹れたてのセブンカフェをどうぞ」とセブン&アイホールディングス広報センターの山根長康さんも合わせての利用を勧める。ちなみにセブンカフェは昨年度約7億杯を売り上げたそうだ。

什器内の温度(27℃以下)・湿度を一定に保てる専用什器を開発。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ