• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

よく使うフレーズ、住所、URL、アクセス経路・・・記憶の補助に最適な電子ツール

2015年5月25日

Macユーザーが重宝。クリップボード拡張ソフト「The Copycat」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 私はWindowsユーザーだったころ、eClip(イークリップ)というクリップボード拡張ソフトをかなりよく使っていました。

 なんてことのないふつうのクリップボード拡張ソフトなのですが

・タスクトレイ(画面右下※タスクバーの右端)常駐

・テキストのためのクリップボードで動作が軽い

・無制限にクリップボードの履歴をたどれる

・クリップボード履歴をキーワード検索できる

 という条件を備えていました。この条件を備えているものがなかなかないのです。

eClipの詳細情報:Vector ソフトを探す!
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se408720.html

 多くのクリップボード拡張ソフトは、保存しておいてくれる履歴の数に制限があります。制限があると言っても、10000くらいあれば問題なさそうに思われるでしょうが、「引っ越す前の前にすんでいた住所はなんだった?」という時などに無限にたどれるクリップボードは大変重宝するのです。

 よく使うフレーズ、住所、URL、メールでお伝えした道順などは、たいてい1度はクリップボードにコピーします。

 1度でもコピーすれば、それが保存されるというのは、使ってみると、記憶の補助として抜群です。

 Evernoteに保存する情報と違って、保存しようとまったく意識しなくても、保存されていくのが素晴らしいのです。

 問題は、無限に履歴をたどれるクリップボード拡張が、Macでは見あたらなかったことでした。

 ずっとそのへんの不便をガマンしていたのですが、最近になってようやく見つかりました。それがThe Copycatなのです。


 これはeClipの条件を備えているMacで動くソフトです。

 無制限に履歴を保存しておいてくれるし、検索もできるし、動作も軽快。アプリ呼び出しのためのホットキーももちろん設定できます。ソフトの言語は英語ですが、日本語での検索も有効です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホお仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ