• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

婚活応援酒場に文房具カフェ、アスリート食堂…面白飲食店そろい踏み!

2015年5月21日

メイドカフェ、動物カフェだけじゃない! ひそかにブームのコンセプトカフェ・居酒屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 メイドカフェ、動物カフェなどを皮きりに、ひそかなムーブメントとなっているコンセプト飲食店。食事のためだけでなく別の目的もあわせて楽しめる、一粒で二度美味しい店がここ1~2年で増えている。

 今回は、最近特に話題のお店の中から、20~30代の女性に人気の高い注目店を4店ご紹介。心のおもむくままに出かけて、コンセプト飲食店でリフレッシュしてみよう。(※価格は特記がない限り、すべて税抜)

■相席屋

 まず紹介するのは、「相席屋」。東京を中心に全国25店舗を展開している相席屋は、その名の通り初対面の男女が相席して楽しい時間を共にできる「婚活応援酒場」だ。

知らない人と相席になることで、新たな出会いや発見、楽しみがきっと見つかるはず
料金システム/女性【相席時・通常時】時間無制限 飲み放題0円(混雑時は時間制限の場合もあり)。男性【相席時】30分飲み放題1500円(相席時は自動的に飲み放題プラン)、【通常時】単品1杯500円(相席ではない場合、各種単品での注文)。男女ともにチャージ料金、深夜料金等は一切なし。

 都内だけで14店舗もあり、シックな大人ムード、オープンなカジュアルムードなどそれぞれ佇(たたず)まいが異なる。店の雰囲気や交通の利便性などから好きな店舗を選べるのは嬉しい限り。中でも赤坂にある「相席屋R30」は30歳以上限定で、クラス感のある内装やおしゃれなメニューなど、大人の女性も入りやすいお店だ。

 女性は自分たちでオーダーした食べ物は料金がかかるシステムだが、アプリを活用すれば食べ飲み放題が無料に。まずは公式サイトから、無料アプリをダウンロードしてみよう。アプリを使えば、各店の入店状況が男女別で一目瞭然! また、お得なクーポンもGETできる。

 お料理のメニューは店舗によって異なるが、例としては枝豆299円、唐揚げ499円、ピザ マルゲリータ799円など極めてリーズナブル。30歳以上限定の「相席屋R30」では、アヒージョやキッシュなど女性に人気のメニューも取り揃えられている。婚活応援というコンセプトだけに頼らず、美味しいお得メニューが充実しているところもまたいい。

「ハムの切り落とし」(499円)は、お得感大のメニュー。
赤坂店R30の「本日のアヒージョ」(699円)。素材はその日によって変わる。

 店内は間仕切りなどでプライバシーが守られているから、周りを気にせず相席を楽しめる。お見合いのように堅苦しいわけでもなければ変ないかがわしさもまったくなく、まるで友人が仕切ってくれる合コンのような感覚で気軽に出会いの輪を広げられる場として、活用度は大。

 みんなで盛り上がるためのゲーム類や、ハバネロソース入りが潜むロシアンたこ焼き(1個99円)などの罰ゲームフードもしっかり用意されている。万が一、相席の相手とどうしても気が合わない場合は、女性からそっとスタッフに相談できるような配慮も。初めての女性でも、友だちと一緒に安心して参加できる店だ。

 気が合えば連絡先を交換してもOK。盛り上がったらそのまま二次会へGO! 頼れるスタッフのいるお店で、楽しい出会いを見つけてみよう。

■文房具カフェ

 子どもの頃からステイショナリーが大好き! という女子も多いはず。そんな人の心をガッチリつかむのが、東京・表参道にある「文房具カフェ」だ。実際に手に取って使うことのできる文房具や、文房具にまつわる数百冊の書籍・雑誌に囲まれながら、ゆったり流れる時間と心和むメニューを楽しめる。まさに文房具を愛する人による、文房具好きが集まるための店だ。

昔ながらのものから最新のものまでたくさんの文房具が自由に試せる店内。

 ひとつひとつへの愛着とこだわりが感じられるのは、文房具にだけではなくメニューにおいても顕著。ソフトドリンクだけでも40種類以上が揃い、現存する中では日本最古のカフェである「銀座パウリスタ」から取り寄せた豆を使用した「文房具カフェ ブレンド イマジン」(525円)や、エスプレッソマシンで抽出する渋みの効いた紅茶「ティーエスプレッソ」(334円)など、ここならではのメニューも魅力的。ビール、カクテル、ワイン、焼酎などアルコール類も充実のラインナップだ。

 「お料理は和が感じられ、ほっとできるようなものをご用意しています」と広報担当の大内良介さん。ワインやビール、焼酎などそれぞれのお酒と確実に相性のいいおつまみから、肉・魚、ご飯もの、デザートまで、こちらもメニューは多彩。嬉しいのは、6種類から選べるランチメニューすべてに、プラス100円(税込)でお楽しみ文房具クジが付けられること。またランチョンマットは画用紙なので、店内の筆記用具で自由に落書きを楽しめるなど、随所に遊び心が感じられる。

ランチの「文房具カフェ自家製 酒粕のクリームソース 鶏つくね御膳」(1143円)は限定20食。シャキシャキしたレンコンの食感が楽しめるつくねとコクのあるソースが絶妙に絡み合う。好みでうずらの卵をかけて。※小鉢は季節によって内容が変更。

 デザートも「ほうじ茶のブリュレはちみつ風味」(572円)、「アボカドと豆乳のチーズケーキ」(763円)、「お豆腐ときなこの濃厚抹茶ガトーショコラ」(620円)など、和と洋の融合を堪能させてくれるものばかり。どれも思いがけない素材同士の組み合わせに、ハッとさせられる。

「文房具パフェ」(934円)は、その季節のフルーツを使ったパフェ。写真はイチゴとフレッシュバジルムースが使われているもので、お好みでブラックペッパーをかけると大人の味に。添えられたクッキーはものさし&三角定規型で、カトラリーはペンケースに入れられてくる。パフェになぞらえたイチゴ消しゴムのおまけ付き。(※パフェとおまけの内容は、季節によって変更)

 次ページでは、健康や癒しを求める人におすすめの食堂&カフェ!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメエンタメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ