• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「iPhoneのバッテリーが今日もピンチ!」そんな不便を改善するには

2015年5月18日

過度な明るさや不要な接続……iPhoneの電池を節約する裏ワザ集

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 妻から、最近どうもiPhoneのバッテリーの減りが異常に速い、と不平を言われました。

 「バッテリーの消耗が異様に早い・・・」そんな時には、とりあえずチェックしてみるべき項目がいくつかあります。

 何はともあれまずは「無線系」です。意味もなくWifiやBluetoothの無線アンテナを立てておくのは、バッテリーをすばやく消耗させる以外、何もメリットがありません。

 そうはいってもWifiなどの無線をこまめにタップするのはめんどうだという人もあるでしょう。

 こまめに数タップするだけでバッテリーの節約ができるので、そんなに面倒がることでもありませんが、とりあえず手早くできる方法を紹介します。

 どの画面でも、iPhoneを使っていれば下から上へとスワイプするだけで、次の便利ツールが呼び出せます。

 ポイントは、赤い四角で囲った部分と、黄色い四角で囲ったところです。

 赤い四角で囲ったところは、WifiやBluetoothの無線アンテナで、これらをオフにしておくだけでもバッテリーの持ちは良くなります。

 私は通常ほとんどBluetoothを使うことはないので、右側のほうはオフにしっぱなしになっています。

 また、黄色い四角で囲ったところは、輝度です。あまり明るくしておくとバッテリーを消耗します。

 なくなりかけていて節約したい時には、ギリギリまで暗くしておきます。もちろん読むのにものすごく苦労するほど暗くすることはありませんが、ここが目一杯明るくなっている方もけっこう見受けられます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホマネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ