• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜモナコの大金持ちが幸せそうに見えなかったのか?

2015年5月18日

誰もが認める大金持ちの悲しい言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 僕の仕事観に影響を与えた、もう1つの印象深いエピソードを紹介しよう。僕がリグナを立ち上げてしばらくたった頃、女友達から連絡があった。何と、一緒にモナコに行って、レーシングチームを運営しないかと言うのだ。これは僕にとって、「青天の霹靂」と言ってもいいオファーだった。

 彼女は、もともとレースクイーンをしていて、とてもコミュニケーション能力が高い、人間的にも魅力のある女性だった。僕とは学生時代からの知り合いで、昔から「いつかレーシングチームを持ちたい」と話していた。そんな彼女にチャンスがやってきたのは、2005年。知人のつながりで知り合ったある大金持ちの日本人が、熱っぽく「将来レーシングチームを持つのが夢なんです」と語る彼女を見て、「一緒にやってみよう」と言ったのだ。夢物語のようだけど、これは本当の話だ。後でその大金持ち本人から聞いたところによると、彼女の目を見て「この子は間違いなく大きな可能性を秘めている」と直感したらしい。すごいこともあるものだ。

 僕にとってもこんな大きなチャンスは幾度とない。すぐに本拠地のモナコに飛び、社長として表舞台に立つ彼女の裏方として、業務のサポートに全力を尽くした。レースもレーシングチームも僕とはまったく縁のない世界だったから、わからないことは山ほどあったし、勉強しなくてはいけないこともたくさんあった。急激に活動を広げるレーシングチームの運営は、怒濤の忙しさだった。

 でも、あまりに必死だったからか、忙しさはあまり強い印象として残っていない。「モナコでの日々」として一番に思い出すのは、やっぱりあのセレブすぎる暮らしだ。彼女の夢をかなえた男性は、当時モナコに住む日本人で一番の大金持ち。ワンクリックで何億ものお金を動かす大物投資家だった。長距離移動はヘリや何十億もするプライベートジェットで、街中を移動するときは運転手付きの立派なベンツ。僕が滞在したのは映画に出てくるような豪邸で、見たこともないようなすごい景色を見せてもらったし、豪華な料理もたくさん食べさせてもらった。人生で一番の贅沢をした、夢のような数か月だった。

 ある夜僕は、彼の愛車であるアストン・マーティンに乗せられ、モナコから数キロの距離にあるフランスのエズという街を訪れた。エズは、ウォルト・ディズニーが気に入って何度も訪れたという美しい天空の街だ。ディズニーの世界観の源になったとも言われている。そんなおとぎ話の世界のような景色を眺めながら、彼は僕にゆっくりと話しはじめた。今までのこと、これからのこと。しばらくして、彼は僕に打ち明けてくれた。「自分は不幸だ」と。自分には巨万の富があって、湯水のようにお金を使うこともできる。何でも持っているし、何でも買える。でも、「そんなに幸せじゃないよ」と彼は言った。

 たしかにそれは、僕が彼を見ていて感じていたことでもあった。彼が僕に体験させてくれた生活は夢のように豪華だったけど、僕は全面的に「うらやましい!」とは思えなかった。彼は何でも持っていたけど、まったく満足していないように見えたし、楽しそうでもなかったからだ。これから先、一生働かなくてもいいほどのお金があるのに不安げで、精神的に不安定なところもあった。不安の理由を聞いてみると、「孤独だからだ」と言われた。たしかに、滞在中も彼の「友人」という人にはほとんど会わなかった。

 「あまりにも大きな富を築いてしまったために、まわりの人間が自分ではなく自分が持っているお金を見ているように思えて仕方がない。結局はどんな人ともお金でつながっているのだと思うと、誰と一緒にいても孤独だ」と彼は言った。美しい景色と彼の語った話のギャップが大きかったせいで、今でもその夜のことはときどき思い出す。そして、誰もが認める大金持ちの「お金があっても不幸だ」という悲しい言葉を噛みしめる。

 結局僕は、自分の本業の都合もあって、数か月でモナコを後にした。その短いモナコでの暮らしは、「お金は幸せの絶対条件じゃない」という僕の考えをより強固なものにした。

『100%、「好き! 」を仕事にする人生』(日本実業出版社)
大手デザイナーズ家具販売サイトやインテリアショップ(東京・福岡)を運営する「リグナ」の創業者で、各メディアでも注目される小澤良介氏が、「好き」を「仕事」にする生き方について語った一冊。人脈もノウハウもなく「家具が大好き! 」という思いだけで起業した著者が、家具の販売にとどまらず、高級レストランのインテリア監修、ホテルの総合プロデュース、上場企業のブランディング、月9ドラマの監修まで手がけられるようになった秘密とは?

Amazonで購入する


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
小澤良介
小澤良介(おざわ・りょうすけ)
リグナ株式会社代表取締役。’78年生まれ。’04年、デザイナーズ家具オンラインショップ「リグナ」を開設。’10年に放送されたフジテレビの月9ドラマ「月の恋人」では総合監修も手がけた。
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ