• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

簡単そうで難しい「すっぴん風メイク」をマスターする!

2015年5月7日

目指したいのは、ぼけずに可愛くなるナチュラルなメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 このコラムでは、『Oggi』『CanCam』『GINGER』『Domani』『美的』『VERY』『mina』『MORE』『Ray』など数々の女性ファッション誌でヘアメイクを担当する神戸春美さんに、メイクの基本や応用テクニック、超カンタンにできるヘアアレンジ法などを教えてもらいます♪

 こんにちは。「ときめきヘアメイク」の神戸春美です(連載トップページ:スマートフォンはこちら、パソコンはこちら)。 今年のトレンドメイクとして大注目なのが「すっぴん風メイク」です。その名のとおり、「メイクしていないすっぴんのように見える」メイク。ナチュラルな雰囲気が人気の理由ですが、ともすれば、ぼんやりとした顔になってしまい、本当のすっぴんのように見えてしまうことも。そこで、今回は流行の「すっぴん風メイク」でも顔がぼやけず、可愛くなるコツを伝授します。


☆すっぴん風メイクのポイント
○強い色を使わないこと。顔の中にある色を使ってメイクすると◎
○チップやブラシを使わず、指でメイクすること。
○アイラインは省略せず、ブラウンでソフトに仕上げること

 「すっぴん風メイク」というと、メイクのプロセスを省略して仕上げると思うかも知れませんが、それではぼんやりとした手抜き顔になってしまいます。すっぴんのように見せつつも、ポイントを押さえてメイクをするのが、すっぴん風メイクでかわいくなる最大のコツです。

 ポイントになるのは、やはり目元。アイメイクというと、くっきりアイラインを引いたり、マスカラをたっぷり塗ったりしたくなりますが、それではすっぴん風には見えません。そこで、アイラインはソフトに見えるブラウンにし、マスカラはビューラーをかけずにサラッと塗るだけにしましょう。

 ベースメイクは肌のアラをコンシーラーでカバーしたら、薄くファンデを塗る程度に。チークは自然に頬が赤らんでいるように見えるように、高めの位置だけに練りチークをのせましょう。

 もう一つ重要なのが、色をのせるときにチップやブラシではなく、指を使うこと。指を使うと薄づきでツヤが出るため、「メイクしました!」と感じさせず、ラフで抜け感のある仕上がりになりますよ。

 次ページから、すっぴん風メイクを、パーツ別に解説します!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
神戸春美
神戸春美
サロンワークを経て、ヘア&メイクアップアーティスト森ユキオさんに師事。 2005年独立。『Oggi』『Anecan』『BAILA』など多数の女性誌で活躍している。ほどよくトレンドを取り入れた女性らしいヘア&メイクに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ