• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

愛する人がどんな姿になっても、変わらずに愛し続けられる!?

2015年5月9日

つかの間の現実逃避にもってこいの映画「ライフ・アフター・ベス」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 みなさんは、GWの連休をどのように過ごしていますか? 飛び石連休の人も、明日まで大型連休という人もいると思いますが、明後日からはまた日常に戻って、気を引き締めて頑張らなければならないですよね。せめて、あと2日、日常気分を忘れるような映画を紹介したいと思います!

 世界中で、ゾンビ旋風が巻き起こっているのをご存知ですか!? 映画やドラマが次々と作られ、大ヒットを飛ばし続けています。正直に言うと、ホラーはあまり私の得意分野ではないのですが、“ゾンビ+ラブストーリー”なら楽しむことができます。今回は、そんなゾンビ恋愛作品の中から、来週末からの劇場公開作を1本、すぐに見られるDVDを2本紹介します。

「ライフ・アフター・ベス」
5月16日(土)より新宿シネマカリテにて公開
(C) 2014 LIFE AFTER BETH, LLC All Rights Reserved.

公式サイト:http://lifeafterbeth.jp

 ザック(デイン・デハーン)は、最愛の恋人ベス(オーブリー・プラザ)を不慮の事故で失い、悲しみのどん底にいました。ベスが亡くなる前、2人にはある問題が持ち上がっており、別れの危機にありましたが、ザックはベスと話し合うことができなかったので、余計にショックが大きかったのです。

ベスの死から立ち直れないザック。

 ところが数日後、思いがけない奇跡が起きます。なんとベスが墓穴から這い出して、家に戻ってきたのです。なぜベスがよみがえったのか分からない中、彼女自身は自分が死んだという記憶がなく、両親やザックの様子がおかしいことを不審に思います。

ザックは自分の目を疑う。
娘が戻ってきたことを喜ぶベスの両親。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ