• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

使い過ぎ厳禁! クレジットカードとの上手なつきあい方

2015年5月12日

クレジットカード払いにすることで消費が20%以上増える!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「GWにカードを使い過ぎちゃった」―そんな働き女子も多いかもしれませんね。クレジットカードはポイントが貯まり便利な反面、ついつい使い過ぎてしまう恐れがあります。カードで買い物をし過ぎてしまった場合、どうやって生計を立て直せばよいのでしょうか。また、まだカードで大きな失敗をしたことのない人の場合もいかにして失敗を避けることができるのでしょうか。

 FPの私も過去に何度もカードを使い過ぎてしまったことがあります。一度目は学生時代。約1ヶ月間のアメリカホームステイの際に限度額30万円をマックスまで使ってしまいました。二度目は会社員時代。仕事のストレスから買い物に走り、リボ残高が最大200万円になった経験があります。そして三度目は育休中です。クレジットカードでベビー用品を買い過ぎてしまい、産休中の収入減に輪をかけて貯金を減らしてしまいました。

 この三度の失敗の後に生計を立て直した共通の方法として、「現金払い」を心がけるということがありました。この連載「クレジットカードだと23%も消費が増える!?」でもお伝えしたようにクレジットカード払いにすると現金払いより支出がかなり増えることが数多くの研究結果により示されています。反面、現金払いにすると、買い物の際に現金の目減りという痛みを感じることができ、カードと比べて使い過ぎを抑制する効果があります。

 私の場合も現金での買い物の場合は5000円を超えるとその場で購入するのを躊躇する傾向があります。他方でカードの場合、1万円を越える買い物の場合も現金と比べると、それほど痛みを感じずに「パッ」と使ってしまいがちです。そして、1~2ヶ月後の請求の際にカード明細や銀行残高の減りを確認し、暗い気持ちになるのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ