• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性のための「医療・健康」の話

夜型生活の働き女子はメタボリック症候群に注意!

2015年4月30日

メタボってどんな害があるの?予防するにはどうしたらいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 メタボリック症候群という言葉はすっかり一般的になりましたが、体にどんな悪影響があるのか、予防法はあるのでしょうか? 4月8日グリコ乳業が「メタボリック症候群」と「プロバイオティクス」に関するセミナーを開催しました。そこでの話を通して、実は詳しく知らないメタボリック症候群について、正しい知識を得て予防しましょう。

太っているからといって、メタボとは限らない

 「太っている人がメタボリック症候群と思い込みがちですが、肥満とメタボリック症候群は分けて考えなくてはいけません」と話すのは、内科・皮膚科の医師である友利新さんです。

 日本におけるメタボリック症候群の診断基準は、ウエスト周囲が男性85cm、女性90cm以上で、かつ以下の3項目のうち、2つ以上が基準値を超えている場合です。また、1つでも当てはまれば、メタボリック症候群予備軍となります。健康診断を受けたときの、自分の数値と比べてみましょう。

1・中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満(どちらか、または両方に当てはまる)
2・空腹時血糖110mg/dl以上
3・収縮時血圧130mmHg以上、拡張時血圧85mmHg以上(どちらか、または両方に当てはまる)

 したがって、太っている人でも、1~3の項目がまったく当てはまらなければ、メタボリック症候群とは診断されません。

 では、メタボリック症候群になると、体にどんな害があるのでしょうか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエットカラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ