• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“幸せ”は周囲に左右されるものではなく、勇気を持って自分自身を信じること

2015年4月25日

「シンデレラ」ケネス・ブラナー監督インタビュー「あなたはそのままの自分でいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 魔法の力で、みすぼらしい姿から美しいプリンセスになり、素敵な王子様と結婚。「シンデレラ」は、“シンデレラ・ストーリー”という言葉が生まれるくらい、誰もが知っているおとぎ話ですよね。ディズニー・アニメーションとしても有名ですが、今回紹介するのは、実写版としてディズニーから誕生した新しい映画「シンデレラ」です。

 ガラスの靴に、カボチャの馬車……。有名な変身シーンをはじめ、ロマンティックなイメージはアニメ版を踏襲していますが、自らの勇気と優しさで奇跡を巻き起こす、新しいシンデレラ像が魅力の本作。大人女子が見ても楽しめるストーリーと、絢爛豪華な衣装やセット、美しい映像にうっとりしてしまう新作を生み出したのは、「ハムレット」のケネス・ブラナー監督。来日した監督に単独インタビューできたので、作品紹介の後、お届けします!

「シンデレラ」
4月25日(土)全国公開
(C) 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/cinderella.html

 貿易商の父(ベン・チャップリン)と、優しく美しい母(ヘイリー・アトウェル)のもとに生まれたエラ(リリー・ジェームズ)は、病気で母を亡くした後も、「つらいことがあっても、勇気と優しさを忘れないで。それが魔法の力になる」という母からの教えを守り、思いやりのある、しっかりとした考えを持った女性に成長します。

 やがて父が再婚し、まま母(ケイト・ブランシェット)と、その連れ子である2人の娘・ドリゼラ(ソフィー・マクシェラ)とアナスタシア(ホリデイ・グレインジャー)と暮らすことになったエラ。その後、仕事で長旅に出ることが多い父は、事故で帰らぬ人になってしまいます。

 まま母たちは、エラを召使い同然のように働かせ、屋根裏部屋に追いやります。ある日、寒さに耐え切れないエラが暖炉の前で眠ると、翌朝、顔に灰が付いてしまいました。それを見た姉妹は、“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼んで大笑い。ずっと耐えてきたエラは、涙を抑えられず、森へと飛び出します。

つらい毎日を送るエラ。

 森でエラは、“キット”と名乗る青年と出会います。彼こそ国王(デレク・ジャコビ)の息子、王子(リチャード・マッデン)でしたが、お互いの身分を知らないまま引かれ合うエラと王子。エラは初めて自分を理解してくれる人に出会えたと喜び、王子も王から政略結婚を勧められながらも、エラのことが忘れられません。

 再びエラと会いたい王子は、彼女を探すために、国中の未婚女子を招待して舞踏会を開きます。フェアリー・ゴッドマザー(ヘレナ・ボナム=カーター)の魔法で美しいドレスに身を包んだエラは、ガラスの靴で城へ向かいます……。

魔法の効果は12時の鐘が鳴り終わるまで……。

 シンデレラを好演するのは、人気海外ドラマ「ダウントン・アビー」などで活躍する新進気鋭の若手女優リリー・ジェームズ。まま母役は、オスカー女優のケイト・ブランシェット。ケイトは、ものすごく意地の悪いまま母を熱演していますが、あまりにも美しいので、つい見とれちゃいます(笑)。

ケイトが演じるまま母が美しすぎると評判。

 王子様をただ待つだけの弱々しい受け身のヒロインではなく、勇気を持って自ら行動する魅力的なシンデレラと、ハンサムなだけの薄っぺらなプリンスではなく、人間味あふれる情熱的なヒーロー像として描かれる王子。大人女子が見ても納得の実写版「シンデレラ」に仕上がっています! その辺りを意識して、本作を作り上げたというブラナー監督にお話を伺ってきました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ