• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

来年1月スタート! これだけは知っておきたい、マイナンバー制度

2015年4月6日

12桁の個人番号がわかる時期、情報保護対策など概要をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは、社会保険労務士の佐佐木由美子です。「マイナンバー制度」という言葉、最近よくニュース等で見かけませんか? 「知っているようで、よくわからない」という方も多いはず。そこで、今回はマイナンバー制度の概要についてみていきましょう。

マイナンバー制度とは?

 2016年1月から運用がスタートする「マイナンバー制度」。これは通称で、正式には「社会保障・税番号制度」といいます。

 マイナンバーは、住民票を有するすべての人に、1人ひとつずつ12桁の個人番号が振り出され、社会保障や税、災害対策の分野で効率的に情報を管理するために活用されます。

 この個人番号は、不正に使われるおそれがある場合を除き、原則として一生変わりません

 また、外国籍の方で中長期在留または特別永住している方々についても、マイナンバーの対象となります。企業の規模も関係ありません。

 たとえば、年末調整の際に会社から発行してもらう「給与所得の源泉徴収票」などの税関係書類や、入社・退職の際に必要となる社会保険手続きなど、みなさんにとっては普段あまり見かけることの少ない行政手続きで重要な役割を担うことになります。

私のマイナンバー、いつわかる?

 2015年10月より、個人番号と生年月日、性別、氏名、住所の4項目が記載された「通知カード」が赤ちゃんからお年寄りまですべての方に届くことになっています。

 原則として住民票に登録されている住所宛てに送付されることになりますので、実際に住んでいる場所が違う方はご注意を。

 通知カードは、公的な番号を証明する書類ではあるものの、この時点では紙製(予定)のカードなので、身分証明書にはなりません。しかし、とても大切なものなので、くれぐれも紛失しないように注意しましょう

 そして、2016年1月より「個人番号カード」の交付が始まります。通知カードとともに送付される申請書を郵送するなどして申請し、個人番号カードの交付を受けるときは市区町村窓口へ来庁のうえ、通知カードを返納します。

 この個人番号カードは、個人番号を証明する公的な資料であると同時に、顔写真付きの身分証明書としても有効なICカードです。

 本人確認の身分証明書以外にも、お住まいの自治体の図書館が利用できたり、印鑑登録証として利用できたりするなど、自治体が条例で定めるサービスに利用することができ、様々な機能を持ち合わせています。

 ただし、このカードですべて管理されるわけではありません。カードに記録されるのは、券面に記載された氏名、住所、個人番号などのほか、電子証明書などに限られ、所得情報や病歴など、機微に触れるプライバシー性の高い個人情報は記録されません。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐佐木 由美子
佐佐木由美子(ささき・ゆみこ)
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。中央大学大学院戦略経営研究科修了(MBA)。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン【サロン・ド・グレース】を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌等メディアで活躍
関連キーワードから記事を探す
教養・マナーマネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ