• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

40代からの性の悩みQ&A

【オトナの性の疑問&悩み】「膣のアンチエイジング」って?

2015年4月9日

オトナの性の疑問&悩みに答えます――40代になったら性生活はどう変わる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 女性の体はデリケート。年齢とともに心身ともに変化が起こるけれど、意外と知らないことは多いものです。特に、性についての悩みや疑問は、なかなか人には聞けません。そこで、「日経ヘルス」が400人アンケートを実施。そこで浮かび上がった疑問や悩みに、医師やカウンセラーなどの専門家に投げかけてみました。知るだけでラクになる、安心することもあります。40代からの性の疑問・悩みに答えます。

Q:更年期になると濡れづらくなりました。今後も濡れることができるの?

A:潤滑ゼリーの利用を。
 セックスをするときだけ、気持ちを高め、スムーズにする薬も

 閉経すると女性ホルモンのエストロゲンが激減して膣が乾燥しやすくなります。また、男性ホルモンの分泌が低下する人もいます。男性ホルモンが低下すると性欲も弱くなるので、濡れなくなる一因になるようです。もちろん、これは個人差が大きくて、閉経しても濡れる人もいます。

 濡れないけれど性欲があって性交痛がある人なら、膣を潤し、ペニスの挿入をスムーズにする潤滑ゼリーなどを使うといいのでは。

 パートナーを受け入れたいけれど気分が乗らないという人に、性欲を起こす男性ホルモンの塗り薬があります。これにはエストロゲンも入っているので、気分を高めつつ、分泌物も増やして、濡れやすくしてくれます。

「濡れない」、「濡れにくい」という女性のための潤滑ゼリー
1982年に日本で初めて開発した水溶性潤滑ジェルが「リューブゼリー」。全国の多くの婦人科や泌尿器科などで推奨されている。無臭無色透明で水またはぬるま湯で簡単に洗い流せる。ドラッグストアでも入手可。
「リューブゼリー」55g 1080円(税込)/ジェクス TEL:06-6942-4416
「性欲がない」、「濡れにくい」を一時的に改善する塗り薬
セックスの1時間前に外陰部に塗るだけで、気分が高まり、分泌液も増やすことができる塗り薬。性交痛の緩和も期待できる。院内で購入できる。
「ETモイスチャー」3g(7~8回分)3240円(税込)10g(30回分)8640円(税込)/アヴェニューウィメンズクリニック TEL:0120-766-649

 この塗り薬はどこに塗ってもいいのですが、吸収が早いのは皮膚の薄いところ。普通の皮膚の40分の1くらいの薄さである外陰部に、セックスをする1時間前くらいに塗るのがお薦め。一度に使うのは、4mgとほんのわずかな量を塗るだけです。

 50代の女性で、旅行先で利用して、「良かったから」とリピーターになった人もいます。ただし、この薬は女性ホルモンを含有しているため、続けて使用する場合は、定期的な子宮と乳房の検査が必要です。(福山千代子さん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ