• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

40代からの性の悩みQ&A

【オトナの性の疑問&悩み】性欲はいくつまであるもの?

2015年4月3日

オトナの性の疑問&悩みに答えます――40代になったら性生活はどう変わる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 女性の体はデリケート。年齢とともに心身ともに変化が起こるけれど、意外と知らないことは多いものです。特に、性についての悩みや疑問は、なかなか人には聞けません。そこで、「日経ヘルス」が400人アンケートを実施。そこで浮かび上がった疑問や悩みに、医師やカウンセラーなどの専門家に投げかけてみました。知るだけでラクになる、安心することもあります。40代からの性の疑問・悩みに答えます。

Q:性欲はいくつまであるのでしょうか?

A:いつも性欲がある人も、
 セックスするまで性欲が全くない人もみんな正常です

 性欲は男性ホルモンが起こすとされています。ですから女性の「性的意欲障害」、いわゆるセックスする意欲がわかない症状の治療には、少量の男性ホルモンが投与されます。女性でも男性ホルモンは少量分泌されていますから、性欲が起きるのは当然のことです。

 ただ、女性の性欲は男性と違って、個人差が大きい。自然な性欲が常にある人もいれば、パートナーの好ましい刺激で起こる人もいます。つまりパートナーがいてもいなくても性欲がある人も、いないときは性欲が全く起きない人も正常なんです。

 また、閉経直後、性欲が減る人もいれば増える人もいます。閉経を機に増える人は、妊娠の不安がなくなることや女性ホルモンが減って相対的に男性ホルモンが増えるから。さらに、性ホルモンが減ることで「楽しみ」に関連する神経伝達物質のドーパミンが増えることなどが関係しているようです。

 逆にしたくなくなる人は、女性ホルモンの減少によって、性交痛が出て「痛いからしたくない」から、「やる気もなくなった」になるのです。

 性機能障害には性的意欲障害、興奮障害、オーガズム障害、性交疼痛症がありますが、一つだけ障害がある人は珍しく、どれか一つあれば、すべてが悪くなっていく。つまり、痛いと性欲も落ち、逆にどれか一つを治せば、残りの症状も良くなる可能性が高いのです。(関口由紀さん)

『40代からの性の悩み、ギモン100問100答』
 日経ヘルス編/発行:日経BP社/907円(+税)
 40歳前後からホルモンの低下の影響も受け、女性の体は変わってきます。それに伴い、性生活に対する意識、そして実際の体の機能にも変化を感じる人が少なくありません。セックスレス、性欲の低下、逆に恋をしたくなる感情など、様々な変化がありますが、若いころと違うこの世代の性への意識や実態は、意外に知られていません。
 そこで、本誌では40~60代の男女400名にアンケート調査を実施。実際の性や愛についての意識や、実態、また、疑問を調査。寄せられた疑問について、医師や心理の専門家、実際に相談を受けているカウンセラー、実際に悩みを乗り越えた先輩への取材などをもとに、100の疑問に答えます。

Amazonで購入する
楽天で購入する
日経BP書店で購入する

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ