• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

話題の進化系スイーツ「ティラミスパンケーキ」を食べ比べ! 地方の人気店も紹介

2015年3月26日

注目店のティラミスパンケーキをチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「食のトレンド発掘隊」のコーナーへようこそ。最近は2つの素材が融合した“ハイブリッドスイーツ”が人気だ。すでに食のトレンド発掘隊でも、クロナツクロワッサンベーグルを取り上げてきたが、今とくに話題を集めているのが「ティラミスパンケーキ」。昨年までの大流行パンケーキの進化系ともいえそうな「ティラミスパンケーキ」を徹底取材!

 ティラミスとはご存じのとおり、イタリア生まれのスイーツで、マスカルポーネチーズやコーヒー、お酒などをしみこませたスポンジケーキのこと。これがパンケーキバージョンになると、どうなるか? 実はひと口でティラミスパンケーキといっても、その定義は店によって様々。たとえばマスカルポーネチーズを生地に練り込む店もあれば、クリームとして上からたっぷりかけるところもある。今回は都内3店舗を実食レポート。さらに期間限定&地方の注目ティラミスパンケーキもご紹介!(※価格は特記がない限り、すべて税抜)

 まずは都内の注目店の食べ比べから!

■スコッチバンク(渋谷)

 まずは、元祖ティラミスパンケーキともいえそうな、渋谷のカフェ&ダイニング「スコッチバンク」。昨年6月に銀座から渋谷に移転したが、ティラミスパンケーキは移転前からの人気メニュー。すでに2013年1月から提供している。

「ティラミスパンケーキ」(1300円)。
<ここがポイント!>
驚くほどのふわトロ食感!

砂糖ひかえめでヘルシー

美と健康に嬉しいハーブティーが充実

 カフェタイム限定(平日 14:00~17:00(LO 16:30) ※土日は12:00~)で提供しているパンケーキは、期間限定モノもいれて約5種類。すべて生地にマスカルポーネチーズが練り込んである。「ティラミスパンケーキ」はその上に、ココアパウダー・ミント・マスカルポーネチーズをトッピング。メイプルシロップとエスプレッソが添えられており、好みの量をかけて甘みや苦みを調節できる。

 ひとくち食べて驚いたのは、生地がふわっふわなこと。スフレのように軽く、スプーンで食べるスタイルも新鮮。外はこんがり焼けているが、スプーンをいれるとプシュとやわらかい生地があふれてくる。チーズがふんわり香る生地は、やさしい甘さで、いくらでも食べられそう!

 ふわトロ食感の理由については、「マスカルポーネを焼く直前に混ぜるのがポイント。メレンゲの立て方や混ぜ具合、火加減の調整が少しずれるだけでも、うまくふくらみません」と同店をプロデュースしている遠近由美子さんが教えてくれた。まさにシェフの職人芸が光る一品。ティーコンシェルジュでもある遠近さんのオリジナルブレンドのハーブティーと合わせるのもオススメ!

オリジナルブレンドのハーブティーは常時5種類前後ある。満腹感をやわらげたり、デトックス効果が期待できるものも!
スコッチバンク外観。ガラス張りで開放感抜群。全40席。夜は熟成肉などが楽しめるダイニングになりデートや女子会利用も多いとか。

 次ページは赤坂の人気パティスリー&カフェ!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ