• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

40代からの性の悩みQ&A

【オトナの性の疑問&悩み】男性は死ぬまでセックスしたいと聞きますが、本当?

2015年3月27日

オトナの性の疑問&悩みに答えます――40代になったら性生活はどう変わる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 女性の体はデリケート。年齢とともに心身ともに変化が起こるけれど、意外と知らないことは多いものです。特に、性についての悩みや疑問は、なかなか人には聞けません。そこで、「日経ヘルス」が400人アンケートを実施。そこで浮かび上がった疑問や悩みに、医師やカウンセラーなどの専門家に投げかけてみました。知るだけでラクになる、安心することもあります。40代からの性の疑問・悩みに答えます。

Q:男性は死ぬまでセックスしたいと聞きますが、本当にそうなの?

A:それはあくまで幻想。
 週刊誌の見出しに惑わされる必要はありません

 「男は死ぬまでセックスしよう!」という扇情的な見出しを掲げる週刊誌などをよく見かけます。が、それをもって男性の実態だと考えるのは間違いです。そんな記事はあくまで男性のファンタジー。「そうあったらいいな」という幻想で、現実がそうじゃないことは男性自身がよく分かっています。

 中高年になると、勃起不全、いわゆるEDの壁にぶつかる男性も少なくありません。「ときどき勃起しない」、あるいは「射精まで勃起を維持できない」中等度EDは50代に入ってから増加し、全く勃起しなくなる「完全ED」は50代半ばから急激に増えます(下グラフ参照)。「死ぬまでセックス」は、実際にはセックスしていない人たちのあこがれの世界ともいえます。

50代前半からEDの有病率が高まります
年齢とともにEDの有病率は上昇。「ときどき勃起しない」「射精まで勃起を維持できない」中等度EDは40代から増えはじめ、50代に入ると30%を超える。50代後半になると、全く勃起しない「完全ED」も増える。

白井將文:日本臨牀60(増刊号6):200-202,2002
海外に比べ日本人男性はED有病率が高い
30~70代の男性を対象にした疫学調査では、ブラジル、イタリア、マレーシアと比較すると、日本のED(完全+中等度)有病率は39%と飛びぬけて高かった。これもセックスレスの一因だ。

Int J Impot Res 10(Suppl 3):311,1998.

 調査からみると、多くの男性が配偶者に求めているのは、セックスではなく「日常的会話」や「家庭のことを相談し合う」など。これは男女ともに一致しています。性交渉がなくても日本の場合、良好な夫婦関係が成り立っているわけです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ