• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

雪舞う寒さから一転、初夏の陽気。でも、来週は冬物や暖房が再登場の予想

2015年3月19日

今春のお彼岸、入りは「暖」から、明けは「冬」に逆戻り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 先週までの寒さが一変、今週は春本番から初夏のような陽気でスタートしました。特に九州ではこの一週間で「雪の舞う寒さ」から「夏日」へとガラリと変わりました。

 まず、3月10日、上空に非常に強い寒気が流れ込んだため、九州では4~5年ぶりに「3月の雪」を観測、東海地方でも名古屋で3cmの積雪を記録しました。

 岐阜の11日午前3時の積雪は15cmに達し、1891年(明治24年)以来の統計史上3月1位の値に並びました。前回15cm積もったのは1958年でしたから、57年ぶりのことです。

図1 3月10日の天気図
図2 3月10日の気象衛星
日本付近にかかる等圧線の数が多く、日本海に「すじ状の雲」がびっしり広がっている。ひと冬に数回程度の「強い冬型」の気圧配置となり、北日本だけでなく西日本でも雪が舞った。(気象庁HPより)

 ところが、週明けから空気が一変。一気に春の暖かさになっています。

 広く晴れた17日は、札幌で今年初めて10度を上回り、東京も初めて20度を超えました。大分の日田では5月半ば並みの25度3分まで上がり、初の「夏日」となりました。長崎は5月下旬並みの24度…1週間前の最高気温は7度で雪が舞っていたのが信じられないような陽気の変化です。

図3 3月17日の最高気温
図4 3月17日の平年差
上空に暖かい空気が流れ込んだことと、日照に恵まれて全国的に今年一番の暖かさとなった。長野の軽井沢は6月上旬並みの20度5分まで気温が上がり、3月としては記録的な高温に。(気象庁HPより)

 この陽気に誘われて、鹿児島・横浜・水戸・新潟・山形の気象台から「ウグイスの初鳴き」の便り、松山の気象台からは「モンシロチョウ所見」の便り、仙台と福島の気象台からは「梅の開花」の便りが届きました。

 18日朝の段階で、梅の開花前線は、日本海側は新潟・太平洋側は仙台まで北上しています。梅の開花も桜同様、基準となる木で5~6輪の花が咲いた時点で発表されます。

 そして18日は「彼岸の入り」。『暑さ寒さも…』の言葉通りの暖かさで、いよいよ桜の開花前線スタートも秒読み段階に入りましたが、この先は春の歩みにブレーキがかかりそうです。

東京・隅田川沿いの桜並木のツボミの様子
冬芽が膨らみ、黄緑色に変化している。このあとピンク色の花びらが顔を出し、開花へと進んでいく(3月17日撮影)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
暮らし方旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ