• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新年度から始めたい、3ステップでできる簡単家計簿術

2015年3月10日

「準備」「記録」「振り返り」の習慣で、家計の弱点をチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 4月始まりの家計簿が書店などに並ぶ時期。一人暮らしを始める人も新年度から家計簿をつけてみませんか。今回はビギナーさんでも3ステップで簡単にできる家計簿術をお伝えさせていただきます。

 最初のステップは準備です。家計簿とレシートを用意しましょう。家計簿は紙でもアプリでもOK。紙の家計簿がない場合はノートなどでも代用できます。

 レシートをもらう習慣がない人も、家計簿を付ける間は必ずもらうようにしましょう。コンビニなどでも「レシートをください」と言えばもらえます。お金を使った日付、店舗、商品、金額がのっているレシートは支出の情報の宝庫だから捨てるのはもったいないのです。

 次のステップは記録。「日付」「(支出)項目」「金額」などを入力しましょう。例えば、3月10日にコンビニで108円のおにぎりを買ったとしましょう。その場合は下記のように記録します。メモ覧などに「おにぎり」「コンビニ」などの詳細や「遅刻して朝ご飯をコンビニで購入。ムダ使いだった」などお金にまつわるコメントを記録するのもよいでしょう。

家計簿への記録の具体例

日付 3月10日
項目 食費
金額 108円

 家計簿をつける際に一番迷うのは(支出)項目の分類でしょう。費目などとも言われることもあります。支出を食費、生活用品、交際費などのグループに分類すると、食費が月3万円などグループごとの集計ができて便利です。

 次からは、項目の分類の具体例を記述させていただきます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ