• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

波にもまれてきた女性にこそ見てほしい――15歳の頃の自分は今の自分をどう思う?

2015年2月28日

「くちびるに歌を」主演・新垣結衣さん&三木孝浩監督インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 15歳だった頃、将来の自分を思い描いたりしましたか? 大人になった自分は、15歳のときに思い描いた自分にどのくらい近づけたでしょうか?

 アンジェラ・アキさんの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」に、15歳の自分から未来の自分へ、そして大人になった自分から15歳の頃の自分に向けた言葉が出てきます。この歌は、2008年のNHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲になり、アンジェラ・アキさんが合唱コンクールに出場する五島・若松島の中学生たちと交流する様子を追ったTVドキュメンタリーが製作されました。その番組をヒントに、中田永一さんが小説『くちびるに歌を』(小学館刊)を執筆。今回、映画化作品が誕生しました。

「くちびるに歌を」
2015年2月28日(土)全国ロードショー
(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 (C) 2011 中田永一/小学館
配給:アスミック・エース

公式サイト:http://kuchibiru.jp/

 長崎県の五島列島にある中五島中学。合唱部の顧問で音楽教師の松山ハルコ(木村文乃)が産休に入ることになり、松山の同級生である柏木ユリ(新垣結衣)が臨時教師を務めることに。東京でピアニストとして活躍していた柏木が故郷に戻り、音楽の指導をすると聞いた生徒たちは興奮状態。でも、柏木は笑顔を見せることもなく、合唱部の顧問を引き受けるのも仕方なくといった表情で、部員にもそっけない態度を取ります。

冷めた表情の臨時教師の柏木。

 合唱部の部長であるナズナ(恒松祐里)をはじめとする部員たちが、柏木のピアノ演奏を期待しても、柏木は「ピアノは弾かない」と言い放ちます。そんな中、それまで女子しかいなかった合唱部に、美人の柏木目当てで入部届を出す男子が殺到。全国コンクールの地区予選が近いのに、混乱が生じます。

柏木は新入部員の男子たちにも大した指導をしない。
真剣に練習してきたナズナたち女子は不満を募らせる。

 渋々引き受けた臨時教師の仕事を適当にこなす柏木でしたが、新入部員のサトル(下田翔大)や、ナズナと関わるうちに、2人にはそれぞれ家庭内に深刻な悩みがあることを知ります。

 一方、ナズナから柏木がピアノを弾かないと聞いた松山は、“弾かない”のではなく“弾けない”のではないかと考えます。柏木は、あるつらい出来事に直面していたのです……。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ