• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

嫌味な上司の指示に従った結果、自分の評価が下がってしまったら……?

2015年2月21日

独立して人生を切り開く「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 仕事で能力を発揮できない。才能を生かせる機会がない。クリエイティブなアイデアを出そうとしても、上司につぶされる。そんな職場で、あとどのくらい我慢しながら働けますか? でも、不満に思ってはいても、転職したり、ましてや独立したりなど、簡単にはできませんよね……。

 そんなあなたに、リスクを恐れず独立して、自分の能力を最大限に生かす主人公を描いた映画を紹介します! 本作には、ものすごくおいしそうな食べ物がたくさん出てきますし、人間関係のもつれを解消させるヒントもあります。元気の出るこの映画を見て、疑似独立体験をしてみてはいかがでしょう!?

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」
2月28日(土)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:http://chef-movie.jp/

 ロサンゼルスにある一流レストランの総料理長、カール(ジョン・ファヴロー)は、元妻イネズ(ソフィア・ベルガラ)との間の一人息子、10歳のパーシー(エムジェイ・アンソニー)との関係に、ちょっとした距離を感じていました。そんなある日、カールは人気フード・ブロガーのラムジー(オリヴァー・プラット)が店を訪れると知り、新メニューに挑戦しようとします。ところが、オーナーのリーヴァ(ダスティン・ホフマン)はカールのやり方にあれこれと口出しし、新メニューを出せなかった結果、ラムジーに酷評されてしまうカール。

フロアマネージャーのモーリー(スカーレット・ヨハンソン)は、カールは最高のシェフだと褒める。

 リーヴァともラムジーとも険悪な関係となったカールは、店を辞めることに。イネズの後押しもあり、パーシーを連れてマイアミに向かった彼は、絶品のキューバサンドイッチと出合います。料理とは人を喜ばすことだと信じているカールは、最高のキューバサンドイッチを作って大勢の人をハッピーにするために、フードトラックで移動販売を始めることを決意します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ人間関係の悩みグルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ