• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラフォー女子のピンチ!好きだけど“結婚の条件”から外れていたら?

2015年2月24日

第51回 条件にこだわり、高い理想に翻弄され続けた「未央」の変革STORY

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 マウイ島からこんにちは、りょうっぺです! 真冬に常夏、最高です☆ しかし、行きの飛行機で「この人だけは隣に座りたくない!」という巨漢の外国人の方を見かけ、見事、隣の席に大当たり(泣)。ただでさえパツパツのエコノミーがさらにすし詰め状態になるという7時間。機内食を口に運ぶたびに、腕が触れ合っちゃう、そんな距離の詰まったご縁です。でも、とっても優しそうな人だったから、まぁ、ええか。

 さて今回も、前回の「婚期逃して四十路一直線。焦りの婚活始動!」に引き続き、長年恋愛がパッとしなかったアラフォー女子、未央さん(39歳・独身)の変革STORYです。

 これまでずっと、「お付き合いするならイケメン・大卒以上」と条件を絞ってきた未央さんですが、なかなか良い相手とめぐり会えず、ふと気づくと30代後半に突入。いよいよ焦りを覚え、婚活に乗り出しましたが、婚活市場特有の「年齢の壁」に撃沈してしまいます。

 しかし、作戦を変更し、40代限定のお見合いパーティーに無理くり参戦したところ、最年少だけにモテモテに!? そこでイケメン、大卒、大手会社員のダンディな40代男性とカップルになりました。

 これで万事安泰、結婚へとまっしぐらかと思いきや、その彼というのが一癖も二癖もある人で、波乱の予感……。さあ、未央さんは、一体、幸せにたどり着けるのか? その紆余曲折の道のりをお届けしていきます!

●せっかく射止めた彼なのにとんでもない〇〇癖が……

未央:お見合いパーティーでカップルになった40代後半の彼とお付き合いし始めて、最初のうちは楽しかったのですが、だんだん彼の本性が見えてきまして。

 というのも、彼は倹約家の度を越した、とんでもないケチだったのです!

りょ:倹約家なら、誠実そうで信頼できますけど、ドケチは困りますねぇ。

未央:そうなんですよ! 一緒にチェーン店系のラーメン屋に行ったのですが、「今日は俺がおごるから、次はキミが何かおごってね!」と同等のものをキッチリ要求……。そして部屋の電気のコンセントは、いちいち全部抜くわ、私が付けた電気を一つ一つ消して回るわ、なんか当てつけのようにプレッシャーをかけてくるんですよ。

りょ:エコ意識にも程があるって感じですね。しかも、40代後半でお金も十分あるはずなのに、「ラーメン一杯おごったから返せ!」とは、失礼ながらみみっちいです。

未央:なんだか心がすさんできちゃうんですよね、あまりにケチくさいと。あるとき、衝撃の場面を目撃してしまったんです。100円ショップに行ったとき、彼がエコバックを探しているところをたまたま見かけたのですが、全部のバッグを裏返しして、ほつれがないかチェックしているんですね。

 で、ちょっとでも不備があれば別の品を手に取る……そんな超細かい検品作業をしている姿を見て、もはやケチというよりも、「自分は絶対損したくない!」という卑しさを感じてしまったんです。

 食料品を買うときにも、ものすごい形相で検品して新しいもの、いいものに取り替え作業をしているのを見ると、ホトホト呆れてしまいます。

りょ:うわ~何かモノを買うときにチェックするのは大事ですけど、度を越すと「自分さえ良ければ」といういやらしさも感じてしまいます。それに商品を手に取ってくまなく検品していると、その部分が劣化して、売り物にならなくなっちゃう可能性もありますもんね。お店にも他のお客さんにもご迷惑ですな(泣)。

未央:ホントそうです。こうしたちょっとした行動を見るたびに、どんどんガッカリな気持ちが積み重なってきて、これじゃ一緒には暮らせないなぁと思ったんです。そして、彼との結婚はあきらめ、別れることにしました……。付き合って一年後のことでした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。早稲田大学第一文学部卒業後、人材派遣会社で営業や企画を経験。その後、日経ホーム出版社(現・日経BP社)で就職情報誌の編集に携わり、2001年に独立。以来、日経やリクルート系の雑誌編集を行うほか、書籍、Webなどでも執筆。また、「働く人の心の悩み」にも対応するべく、産業カウンセラーの資格も取得。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ