• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ダイエットにはスマホを徹底活用!おすすめアプリを紹介

2015年2月19日

食事や運動の記録をきちんと取って確実に成果を出そう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 コンビニを活用したダイエットのメリットは、自分が食べたもののカロリーや栄養成分がわかることです。外食や自炊では、正確なカロリーはわかりません。

 また、ダイエットする際には、自分の食事や運動の記録をきちんと取ることが重要。これは「レコーディング・ダイエット」といって、いまでは常識になっています。

『やせたいならコンビニでおでんを買いなさい』(日経BP社、1100円+税、鳴海淳義)
Amazonで購入する

 問題は、どのようにして記録を取るか、です。せっかく、コンビニおでんのランチを食べて、「よし、今日は300キロカロリーに抑えたぞ」と思っても、それをきちんと記録として残しておかなければ、あとで検証ができません。どんな食事の効果があったのか、どんな運動のおかげでやせられたのか、きちんと把握するためには、記録が欠かせないのです。

 最近は、スマートフォンを活用する人が増えています。スマホであれば、食事や運動のあとすぐ、入力ができます。あとでまとめて入力しようとすると、内容を忘れてしまったり、面倒臭くなってしまうので、スマホはとてもありがたい存在です。

 どのようにスマホで記録を取るのかは人それぞれ。メモのツールで入力するだけの人もいれば、TwitterやFacebookなどのSNSに書き込んで、ダイエットしていることを友人にアピールする人も。そうすれば、引っ込みがつかなくなって、ダイエットをがんばれるのだそうです。ただ、自分の体重をSNSに書くのには抵抗がある、という人は多いと思いますが……。

 実は、ダイエットをサポートしてくれるスマホ用のアプリというのはたくさんあります。健康管理は今、とても注目されている分野で、普段持ち歩いているスマホだからこそ、ダイエットにおいても役立つのです。

 多くのダイエット・アプリは無料なので、一度試してみて、自分にとって便利かどうか確認するとよいでしょう。ポイントは、簡単に使えて、すぐに入力できるかどうか。操作が面倒だと、ダイエットそのものが嫌になってしまうかもしれませんからね。

 ここでは、おすすめのアプリをいくつか紹介しましょう。

 操作が簡単なアプリは、機能を絞っています。最も重要な機能といえば、体重の管理ですよね。「シンプル・ダイエット」は、ズバリ、体重の管理に特化したもの。電卓のような画面で、簡単に体重が入力できます。

 体重を入力すると、グラフで表示したり、BMIを計算したりする機能もあります。また、食事のカロリーや運動した内容などは、メモ欄に記入しておきましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鳴海淳義
鳴海淳義(なるみ・あつよし)
ブロガー。大手ネット企業勤務のウェブ編集者。ダイエットやグルメ、書評、ガジェットなどについて発信し、多くの読者を獲得。コンビニを活用したダイエットを提唱する。
関連キーワードから記事を探す
ダイエット暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ