• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あこがれの一人暮らし! 必要な費用や引っ越し代を抑えるテクをおさらい

2015年2月24日

一人暮らしを始めるのに必要なお金はいくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 早いものでもうすぐ3月です。引っ越しシーズンですね。新生活を始めるという働き女子も多いのではないでしょうか。今回は、一人暮らしを始めるのに必要なお金について一緒に考えていきましょう。

 まず、一人暮らしをするための部屋を借りるのに6ヵ月分程度の家賃が必要になります。敷金、礼金、前払い家賃、仲介手数料がかかる物件が一般的だからです。

 例えば、家賃が月8万円、敷金に2ヵ月分、礼金と仲介手数料に2ヵ月分、前払い家賃に2ヵ月分だとすると、48万円に。一度にまとめて振り込みという場合もあるのでお金の準備が必要になります。

 その他、火災保険料、引っ越し代、家具・家電購入費用などが必要になってきます。こちらにも10~20万円程度予算を考えておきたいものです。

 引っ越し費用は少しでも抑えられるように工夫をして。

 引っ越し料金は引っ越し時期、荷物の量、移動距離などで決まります。3月中旬以降から4月中旬まではトクに引っ越しが集中する時期。できればこの時期は避けたいですが、無理なら平日にするなど業者のスケジュールに合わせるなどの工夫を。

 引っ越し業者を決める際はできれば3社くらいから見積もりを取って料金交渉するのもよいでしょう。家族での引っ越しでしたが、数万円の値引きに成功したことがあります。

 荷物が少ない人は単身パックや赤帽などを利用するのも手。ただし、家具や家電の大きさによっては利用できない場合もあるので事前にご確認を。

 家具・家電は少しずつそろえていってもよいでしょう。家電量販店で一人暮らしに必要な家電がセットになっている新生活応援セットを活用したり、リサイクルショップで掘り出し物を探したりするのも手です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ