• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

一度は訪れたい屋久島! 縄文杉に会いに行こう

2015年2月27日

登山で知る、屋久島の自然遺産としての価値

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日本が世界遺産条約に批准したのは1992年。その翌年、法隆寺、姫路城、白神山地、屋久島の4件が世界遺産に登録され、2014年現在、日本の世界遺産は18件を数えます。このコラムで取り上げる日本の世界遺産第1弾は、屋久島。縄文杉で有名なこの島は、頭よりも体で知るのが一番です。屋久島の懐に抱かれる登山を通じて、世界遺産を“体験”しましょう。(写真=土屋明)

屋久島の“肝”は「自然美」と「生態系」

 九州本土の最南端、佐多岬の南方60km沖の洋上に浮かぶ屋久島。島の面積は約500平方kmというから、東京23区より一回り小さい感じだろうか。面積の約90%が山岳地帯で、島の中心部には標高1936mで九州最高峰の宮之浦岳を筆頭に、標高1800m以上の山々がそびえている。

 この屋久島が、「世界遺産にふさわしい」と認められたポイントは、「自然美」と「生態系」の2つだ。

 一般にスギの寿命は最長で800年程度といわれるが、屋久島には樹齢1000年を超えるスギの大樹が多い。花こう岩でできた島である屋久島は土壌の栄養が乏しく、スギの生長がほかの地域よりも遅い。このため年輪が緻密で樹脂が多く、この樹脂による防腐、抗菌、防虫効果のおかげで、樹齢が伸びるのだ。こうした国内最大級のスギの群生や、大規模な照葉樹の原生林が生みだす独特な景観が、美しいとされたのである。

屋久島は「月に35日雨が降る」と例えられるほど、多雨で湿潤な気候。大量な雨は、森に大いなる恩恵を与えている。

 一方の生態系に関しては「垂直分布」がポイントだ。屋久島では、約500平方kmの島の内に、南北2000kmに及ぶ日本列島全土の植生を見ることができる。つまり、海岸沿いから宮之浦岳の山頂まで登ったとすると、沖縄から北海道までと同じ植生を見ることができるのである。亜熱帯から亜寒帯まで――。この垂直分布に内包される生態系が自然美とともに貴重であるとして、世界遺産登録に至ったわけである。

ニホンジカの亜種であるヤクシカも、屋久島の貴重な生態系を構成する。天敵不在の島ゆえ、人が近づいてもあまり逃げない。

 とはいえ、屋久島が丸ごと世界遺産に登録されているのではなく、登録エリアは島全体の20%。もちろん、有名な縄文杉や、宮之浦岳も登録範囲内である。

 では、屋久島の象徴たる縄文杉との対面を目指す登山を通じて、世界遺産の懐に飛び込んでみよう。ただし、世界遺産エリアにある縄文杉を見るには、ちょっとした覚悟が必要だ。ハイキング気分で登ると痛い目に会うのは必至なので、本格的な装備をして望むべしだ。

 屋久島にはいくつかの登山道があり、縄文杉を目指すに当たって最もポピュラーなのが、島東部の荒川登山口からのルートだ。標高1300mの地点にそびえる縄文杉までは、登山口から歩いて4~5時間。日帰りも可能で、実際に多くの人が日帰り登山を楽しんでいるが、それだと行きも帰りもかなりの強行軍。脇目も振らず山道を歩くことになる。はるばる屋久島まで来たのだから、ゆったり自然の中に身を置きたい。そこで1泊2日の登山をお勧めする。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小野 正惠
小野 正惠(おの・まさえ)
編集プロダクション、エイジャ代表。フリーライターとして、コスモポリタンほか女性誌や朝日新聞、毎日新聞などで執筆。1990年、株式会社エイジャを設立した。旅をメーンに歴史、文化などのテーマで編集・執筆に取り組む。主な作品は、『日本ユネスコ協会連盟 世界遺産年報』のほか、『週刊 ユネスコ世界遺産』『世界遺産夢紀行』『世界遺産検定公式テキストブック』『週刊 京都を歩く』『世界遺産なるほど地図帳』(以上講談社)、『ルネサンス街道の旅』(日経BP社)、『週刊 世界の博物館』『週刊 地球46億年の旅』(以上朝日新聞出版社)、『行って良かった!絶対見たい!世界遺産77』『仏像ワンダーランド』シリーズ(以上JTBパブリッシング)ほか多数。2011年にはアプリ制作会社のリンク・リンクを立ち上げ、世界遺産を中心にしたアプリを制作・販売中。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ