• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子が知っておきたい「確定申告」、素朴な疑問に答えます!

2015年2月10日

2/16から受付スタート! 副業や医療費負担がある人は要チェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 確定申告のシーズンですね。働き女子にとっては「会社員だから関係ない」と思うかもしれません。しかし、確定申告をすることで納め過ぎていた税金が戻ってくる場合もあります。今回はなんだかよく分からない確定申告のことをQ&A形式で分かりやすく解説します。

知っておくと役立つ、5つのポイント

Q1:会社員にとって、確定申告をするメリットはなんですか?
   デメリットはないのでしょうか?

A1:会社員の場合、会社で年末調整をしますが、医療費控除や寄付金控除など年末調整で受けることができない控除があります。確定申告をすることでこうした控除を受けることができ、所得税の還付や翌年支払う住民税が軽減される場合があります。また、1年の途中で退職をして納め過ぎた税金の還付を受けるといった場合もあるでしょう。

 デメリットとしては手続きに手間暇がかかるということです。手間暇以上に軽減される税金のほうが大きい場合は手続きをするほうがよいでしょう。なお、還付申告(納め過ぎた税金の還付を受ける)の場合は、その年の翌年の1月1日から5年間、申告を行うことができます。確定申告は平成27年2月16日から平成27年3月16日までですが、期日ギリギリに確定申告会場に行くと混み合います。還付申告の場合は早めに行くなどをして確定申告の時期を避けるのもよいですね。

Q2:会社員の女性の場合で、
   確定申告が必要なケースはどんな時でしょうか?

A2:1つの企業で給与をもらっている会社員の場合でも給与所得と退職所得以外の所得の合計金額が20万円を越える人などは確定申告をする必要があります。副業をしている人などは所得金額によっては確定申告のご準備を。

 また、2箇所以上から給与をもらっている人も確定申告が必要な場合があります(メインの給与以外の給与収入金額と、給与所得と退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を越える場合)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ