• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2015年春夏の6大トレンドを一挙紹介!

2015年2月7日

春夏トレンドを先取りする6大キーワードを速習しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 春物がショップ店頭にそろい始める時期になってきた。2015年春夏のトレンドは全体に元気でリラクシング。それでいて、レトロやエレガンスも静かに主張するといった具合で、自分好みにいいとこ取りしやすそう。70年代復活、スポーツフェミニン、ほんのりミリタリーなど、15年春夏シーズンを色めかせる新トレンドからは目が離せない。

◆トレンドスタイル1「70年代リバイバル」
Sea New York 2015春夏NYコレクション
Sea New York 2015春夏NYコレクション
J.Crew 2015春夏NYコレクション
J.Crew 2015春夏NYコレクション

 1970年代アメリカの熱気がよみがえる。ベトナム戦争をきっかけに米国で若者は社会に反発。ヒッピームーブメントを起こした。平和、花、そしてロックが合い言葉になった当時を思わせるセブンティーズ・ルックが復活する。フラワーチルドレンと呼ばれた彼らの装いは、ボヘミアンやエスニックの風味も帯びた。ただし、今季のテイストは当時よりずっと薄口。フリンジやサイケデリックカラーといった、シンボリックな要素だけを部分的に写し取るアレンジが広がりそうだ。

 キーアイテムはデニムやチュニック、ミニ丈ワンピースなどだ。つば広帽子(チューリップハット)、バギーパンツ、エプロンドレス、マキシ丈スカートなども見直しが進む。日本でも支持を得そうなディテールが、短冊状のパーツを垂らすフリンジ。今季はボトムス両脇やバッグ端からも垂らす。ビーズ、刺繍、タイダイなどもヒッピーのアイコン的な演出だ。たくさんの色をややどぎつく重ね合わせるサイケデリックカラーはアクセント使いが有望。モチーフは花柄が来る。ロックマインドを感じさせる主張Tシャツやレザーパンツも出番を待っている。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ