• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

栄養満点の「ほうれん草」をさらにパワーアップさせる簡単レシピ

2015年2月6日

ほうれん草でパワフル&ビューティーに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「一人暮らし女子のための新野菜手帳」のコーナーへようこそ。今回ご紹介する「ほうれん草」は年中出回っていますが、本来の旬は冬。

 寒さから身を守るため葉が肉厚になり、風味も倍増。もちろん甘さもぐっと増します。

 さらに冬に出回っているものは夏に比べ栄養価も2~3倍高いといわれており、この時期はぜひ食べたい野菜のひとつです。

 ただ実際に自宅で調理するとなると、下茹での手間が面倒に感じる、あるいは、せっかく茹でても美味しく食べきれない・・・そんな方も多いのではないでしょうか。

 今回はほうれん草を最後まで美味しく食べきるコツと、栄養満点のほうれん草をさらにパワーアップさせる簡単レシピをご紹介します。

 最初にほうれん草はどのような野菜か確認してみましょう。原産地は西アジア。そこから広く伝搬し、ヨーロッパで西洋種と呼ばれる葉の丸い品種が、アジアでは葉がギザギザしている東洋種が広まりました。日本へは江戸時代初期に西洋種、その後東洋種が伝わり、現在の主流はこの2つの品種を掛け合わせたものになっています。

 特筆すべきはなんといってもその栄養価。鉄分、β-カロテン、ビタミンC、葉酸、カルシウム、マグネシウム・・・栄養満点で緑黄色野菜でもトップクラスに入ります。感染症予防や美肌にも効果が期待できる、パワフルな野菜のひとつです。

◎美味しく食べる秘訣は“買ったらその日のうちに”

 ほうれん草の美味しさを最大限に引き出すには、買ってきたその日のうちに調理(下茹で)をすることです。

 ほうれん草は葉もの野菜の中でも鮮度が命。冷蔵庫にいれて数日たつと、すぐに萎びて葉が黄色くなってしまいます。

 そこで、下茹でをしておくとその後の調理が格段にラクになりますよ。

 下茹でする際は「たっぷりのお湯」「手早く加熱」し、「冷水にとること」がポイントです。

 お湯の中に一度にたくさんの量を入れるとお湯の温度が下がり、茹で上がりが水っぽくなってしまいます。使う鍋が小さめの場合は1/3~1/2ずつ分けて茹でましょう。

 お湯の中に入れるときはまず根元の部分から。15秒ほど経ってから葉の部分を入れ、葉の色が鮮やかに変わったらすぐに冷水にとり、流水にさらしてアクをとります。ほどよく水分をしぼり、食べやすい大きさにカットします。

◎「冷凍保存」で最後まで美味しく!

 すぐに食べる分以外は冷凍保存がオススメです。

 下茹でしたほうれん草の水気をキッチンペーパー等で軽く抑え、小分けにしてラップでみっちり密閉するほか、冷凍保存用の袋に重ならないように平たく入れてから冷凍をします。

 食べる際は冷蔵庫に移して自然解凍するか、凍ったまま煮汁に入れて使うこともできます。

 次ページでは栄養満点のほうれん草をさらにパワーアップさせる簡単レシピをご紹介します!



この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
金子祥子
金子祥子
野菜ソムリエ、管理栄養士。出産を機に食生活を根本から見直し、産後15kgのダイエットに成功。自身の経験から、野菜や果物を楽しみながら、いつもの毎日を「太りにくい」「心地よい」生活にすることで健康へ導くスタイルを提案。現在は特定保健指導や健康セミ ナー講師のほか、食習慣コンサルティングなどを行っている。
ブログ:http://ameblo.jp/shokokaneko
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材グルメライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ