• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

ジャーサラダ、エッグスラットから、スイーツまで! 話題のビン詰めグルメを紹介

2015年2月5日

可愛くて便利な“ビン詰め”グルメがブーム!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2015年に入り、大ブレイク中なのが「メイソンジャー・サラダ」をはじめとするビン詰めグルメ。2014年後半から話題にのぼり始め、最近ではメディアでもよく取り上げられるようになってきた。ビン詰めグルメによく利用される保存瓶“メイソンジャー”は品薄になるほどだ。ビン詰めにすると、見た目のかわいさもあるが、保存するにも調理するにも、また持ち運ぶときにもラクなのがいいのだ。そこで今回の「食のトレンド発掘隊」では、そんな人気のビン詰めグルメを一挙紹介!

 まずビン詰めグルメの代表格「メイソンジャー・サラダ」。ニューヨークでトレンドになっているビン詰めサラダのことだ。メイソンジャーとは、アメリカの老舗ボール社のガラス製の保存瓶で、煮沸消毒や持ち歩きができて便利なことからアメリカでは保存容器の定番になっている。このジャーに好きな野菜、豆類やフルーツ、ドレッシングを詰めるだけのジャーサラダは、冷蔵庫で4~5日程度新鮮なままで保存でき、一度に何個も作り置きすれば、忙しい働き女子でも毎日おいしいサラダが楽しめるというわけだ。

これが話題のジャーサラダ。好きなものを層になるように詰めていて、見た目にもカラフルでかわいい! ※『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』より。
りんひろこさんの著書『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』(世界文化社、1200円税別)。カラフルでワクワクするようなジャーサラダの数々! 絶賛発売中。

 今回は、ジャーサラダのレシピ本を出版したばかりの料理研究家・フードコーディネーターである、りんひろこさんにジャーサラダ作りのポイントをお聞きした。

 まず気になるのが容器。代表的なのはボール社のメイソンジャーだが、今は人気過ぎて入手困難という噂も。りんさんによると、「他の容器でも大丈夫ですが、ポイントは3つ。密閉できて、口が広く、できれば形が縦長なものがいいですね」。240mlのビンでだいたい一人用なのだそう。

 そして食材について。「新鮮な野菜のほか、チーズやハム、豆類、マカロニなど好きなものを使ってOK。ただ、肉類や魚類、なかでも生ハムなど生ものを使う際には、保存は当日~2、3日が目安です」。


 というわけで、基本の作り方はこちら!

(1)清潔なジャーを用意し、まずドレッシングを入れる。クリーミー系、オイル系、なんでも好みのものを。

(2)カットした食材を層になるように詰めていく。汁が出やすいもの、ドレッシングに浸かっていいものが下、パリパリの葉野菜などは上、という順番がおすすめ。

 以上! 簡単~! 「ポイントは、ジャーの口よりすこし盛り上がるよう食材を入れてから蓋を閉める際に蓋で食材をやや押し込みながら入れること。これにより、空気に触れにくくなり鮮度が比較的もちやすくなります」とのこと。

 食べるときは、ジャーごと振ってドレッシングを全体になじませてから、ジャーのまま食べてもいいし、食器に出してもいい。蓋でグッと押し込んでサラダを保存することによって、ドレッシングとなじんだ食材はしんなりしておいしくなる一方、葉野菜のシャキシャキはキープされているのが不思議! ひと瓶ペロリと食べられてしまう。いろんな食材の組み合わせを考えるのが楽しいのもいいところだ。

 さらに今回働き女子に特におすすめのレシピを1点ご紹介いただいた。「トマトの抗酸化力、免疫力アップ効果と、茗荷のストレス解消効果が期待できますよ!」とのことなので、ぜひ試してみて!

【トマトとしらすのサラダ】


材料(240mlジャー1個分)
●醤油・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1弱
●酢・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1弱
●砂糖・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/4
●ごま油(またはオリーブオイル)・・小さじ1
●塩・・・・・・・・・・・・・・・・少々
トマト・・・・・・・・・・・・・・・中1個
水菜・・・・・・・・・・・・・・・・1/2株
茗荷・・・・・・・・・・・・・・・・1個
しらす・・・・・・・・・・・・・・・15g

作り方
1.ジャーの中で●の材料を混ぜ合わせて、醤油ドレッシングを作る。
2.1.5cm角切りトマト → ざく切りの水菜 → 千切りの茗荷 → しらすの順に入れて、蓋を閉めて冷蔵庫に入れる。

 トマトを丸ごと一個入れてしまう大胆なサラダだが、ジャーに入れているのでドレッシングの味がなじんでペロリと食べられるレシピだ。疲れた体に良さそう! 他にもりんさんの著書にはこだわりのサラダレシピが72品も掲載されているので、日替わりで楽しみたい!

 続いては、朝食ブームで話題の「エッグスラット」!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ