• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ただ長く太く塗ればいいわけではない!「まつ毛メイク」の本当のコツ

2015年2月5日

印象的な目元を実現するマスカラの塗り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 このコラムでは、『Oggi』『CanCam』『GINGER』『Domani』『美的』『VERY』『mina』『MORE』『Ray』など数々の女性ファッション誌でヘアメイクを担当する神戸春美さんに、メイクの基本や応用テクニック、超カンタンにできるヘアアレンジ法などを教えてもらいます♪

 こんにちは。「ときめきヘアメイク」(パソコンの方はこちらをクリック)の神戸春美です。こんにちは。毎日のアイメイクに欠かせないマスカラですが、ただまつ毛を太く長くすればいいと思っていませんか? マスカラの本当の役割は、まつ毛を長くボリュームアップするだけでなく目を大きく見せること。マスカラの塗り方を基本からおさらいして、印象的な目元にバージョンアップしましょう!


☆今さら聞けないマスカラの基本ポイント
○ビューラーでまつ毛の根元をしっかり上げること
○目頭、目尻のまつ毛にもビューラーをかけること
○マスカラブラシを根元に押し当て、根元にきちんと塗ること
○まつ毛が放射状に広がるようにマスカラを塗ること
○マスカラ後にコームでとかすときは毛先だけをとかすこと

 マスカラを塗るときは、まつ毛をもっと長くもっと太くと思いがちですが、それよりも気をかけてもらいたいのは、まつ毛が根元から立ち上がっているか、目の周りに放射状に広がっているか、まつ毛の根元や目尻、目頭の一本まで塗れているか、ということです。今挙げた点がきちんとできていると、マスカラの効果で目がグッと大きく見え、目の印象が強まります。

 マスカラにはボリュームタイプ、ロングタイプ、ウオータープルーフタイプ、フィルムタイプなど、様々な種類がありますが、それぞれの目的に合わせて選ぶことをおすすめします。まつ毛の毛質や目の形などによってマスカラの崩れやすさが異なるので、クチコミだけでなく、テスターなどで実際に試してみましょう。

 マスカラをしっかり塗るためには、その前のビューラーも大切なプロセスです。ビューラーと一口といっても、カーブやはさみ心地もそれぞれ。自分の目の形やまつ毛に合ったビューラーを探して完璧カールのまつ毛を目指して!

 では、いよいよマスカラの塗り方を写真付きで詳しく紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
神戸春美
神戸春美
サロンワークを経て、ヘア&メイクアップアーティスト森ユキオさんに師事。 2005年独立。『Oggi』『Anecan』『BAILA』など多数の女性誌で活躍している。ほどよくトレンドを取り入れた女性らしいヘア&メイクに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ