• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2015年の知りたい!マネーの新常識

【最終回】投資デビューのススメ。豊かな人生を送るために、お金を味方につける!

2015年2月6日

資産運用とは、お金が集まるところにお金を投じること

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 時代の変化に負けず賢く資産形成をするために、働き女子が知っておきたい「お金の新常識」。最終回では、すべての働く女性がお金を味方につけ豊かな人生を送れるよう、ファイナンシャルプランナー・高山一恵さんがエールを送ります。

お金の流れは、人々の「予測」によって刻一刻と変化する

 前回は、投資をする前に経済を知ることの大切さについてお話しました。では、経済を知った上で具体的にどこに投資をしていけばよいのでしょうか?

 「マンガと英語でみるみるわかる! 儲かる世界経済」(扶桑社ワールド・エコノミー取材班・編扶桑社)というおもしろい本があります。

 この本では世の中のお金の流れを海に、金融商品を海に浮かぶ島にたとえて説明しています。

 私たちの使っているお金は、世界中を駆け巡り、海の水のように流れていきます。物を作るために材料を買ったり、その作られた品物を買ったりして、人から人へ、企業から企業へお金は流れていきます。

 お金の海には「株の島」「債券の島」「不動産の島」「商品の島」「為替の島」という5つの島があり、「株」、「債券」、「不動産」、「商品」の4つの島はそれぞれの国に属しています。

 国と国を行き来するには、為替の島を通らなければならないルールになっています。

 その5つの島の天候は日々変化しています。ある島は暖かい気候に恵まれ、多くの作物が実っています。

 そういう島はお金が多く流れつき、景気がよくなっていきます。一方で寒さや暴風雨ばかりの悪天候の島もあります。そういう島からはお金がどんどん逃げていき、景気も悪くなり、島の価値もどんどん下がっていきます。

 世の中のお金は、天気のよい島を探して、それぞれの島を航海しています。例えば、株価が上がっているということは、世の中のお金が、株の島が天気がよくなると思って、みんなそこに集まってくるからです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ