• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

電車の大幅遅れで会社に遅刻しそう! 到着時間の目安を簡単に予測する方法

2015年2月2日

あとどのくらいで復旧する?などの情報をTwitterからチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 毎日職場までは電車で通勤するというスタイルの人は、電車の事故と無縁ではいられないと思います。私は週に一度か多くて二~三度電車に乗るくらいですが、それでもときどきは事故による遅延に巻き込まれ、関係者に慌てて連絡するという事態に陥ります。

 そういうときに必要なのが、どこでいつ何があって、次にどうするべきかという情報です。

 そのままの電車に乗り続けているべきなのか、異なる移動手段を検討するべきなのか。もちろん移動の目的の重要性によってもちがってきますが、まずは、間に合いそうか、遅れそうか、遅れるならどのくらい遅れるかを、知りたいところです。

 以前はこの問題に対応するためにYahoo!乗換案内をオススメしていました。このアプリはその後もどんどん進化しており、乗換情報検索アプリとして、私なら筆頭でオススメします。

 ですが、事故が起こったときに参照するのは最近はもっぱらTwitterです。とくに「鉄道復旧予測 TRIES」さんからの情報にはお世話になっています。

鉄道復旧予測 TRIES
@TRIES_rescuenow
鉄道が復旧するまでの傾向を記述統計学で得られた知見から分析しています。見通しによる待ち時間の有効活用や帰宅困難者支援がテーマです。動いてないと思ったら @level4_r
過去の分析
http://twilog.org/TRIES_rescuenow
利用規約
http://www.rescuenow.co.jp/info/t.html

統計にもとづく予測

 電車が運休していたり、大幅に遅延しているとき、原因は様々です。もちろん人身事故はありますが、この季節ですと雪、強風で陸橋の手前でとまっている、などというハプニングも少なくありません。もちろん踏切事故はいつでも起こりえます。

「鉄道復旧予測 TRIES」は、こういう時もっとも欲しい情報速報してくれます。具体的には次のような内容です。

<前回同じ駅で人身事故が起こっていて、復旧には73分かかった>

 これが欲しい情報です。もちろん前回からの統計予測がいつも頼りになるわけではありませんが、「鉄道復旧予測 TRIES」は統計データを駆使していますから、いろいろ見ていくうちに、復旧にかかりそうな時間をそれなりに予想できるようになります。

 これを見ると、類似の事故に巻き込まれたとき、20分かからずに復旧すると予測するのは、やっぱり甘すぎると感じます。


 おそらく1時間前後になる、と予想するのが自然でしょう。それなら、そのまま待つのであれば、1時間くらいは遅れることを覚悟した方がいいでしょうし、他の手段に頼ったとしても、そんなに「損をする」ことはなさそうに思えます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ