• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今夜からの雪に要注意!各地の降雪量の予想は?

2015年1月29日

関東は雨に変わるのが遅いと積雪が増える恐れも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 28日から流れ込んできた寒気によって29日の朝は冷え込みが強まり、東京都心の気温も-0.9度まで下がりました。東京は今冬8度目の冬日です。

 27日朝の気温が4月から5月上旬並みだったのと比べると、2日間でぐっと寒さが厳しくなりました。

図1 29日朝の最低気温
広い範囲で冷え込みが強まった。標高の高い長野の野辺山高原では、27日の朝5時の気温が0度だったが、29日朝5時は-20.1度(平年は-13度くらい)で、2日間で20度も低くなった。(気象庁HPより)

 日本全体が冷たい空気に覆われている中、低気圧が日本付近を通過します。それは、29日の夜に九州の南で発生して、本州の南の海上を東進する「南岸低気圧」です。この低気圧は、太平洋側の広い範囲に雨を降らせ、関東地方には雪を降らせることがあります。しかし今回は、気温の低い時間帯に降り始めることから、西日本でも雪が予想されています。

図2 29日夜の予想図
図3 30日夜の予想図
九州の南で発生する低気圧は、四国から本州の南の海上を通って30日夜遅くには伊豆諸島付近を通過するとみられる。低気圧のコースによって、陸地にかかる雨雲(雪雲)の厚みが変わるので降る量も変わってくる。(気象庁HPより)

 29日昼に発表された情報によると、

関東甲信 → 30日明け方から広い範囲で雪。昼までに山梨や長野南部・箱根・多摩・秩父で15cmの降雪。神奈川で8cm、東京23区などは5cmの降雪予想。

近畿・東海 → 29日夜遅くから30日朝にかけては広く雪。朝のうちは積雪注意。日中は冷たい雨の予想だが、山は雪のままのところも。

四国 → 29日夜遅くから30日昼過ぎにかけて山間部の多い所で20cmの降雪。平野部でも多い所で5cmの降雪予想。積雪に注意。

中国(山陽)→ 29日夜から30日昼ごろまで雪。平地でも多い所で15cmの降雪。

九州(北部)→ 29日夕方から雨が降りだし、山地では夜間に雪となり積雪・大雪に注意。平地でも積もる恐れあり。(九州では標高200mを超える地域が「山地」)

 注意が必要なのは、「降雪量」と「積雪深」は異なることです。気象庁の情報はあくまでも「降雪量」なので、降った雪がそのまま積もるとは限りません。雨が雪に変わったり、地面の温度が高ければ、積もるまでに時間がかかることもあります。ただ、今回は気温も地面の温度も低い時間帯に降るところが多いため、積もり始めるのも早い可能性が大きいです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ