• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたの幼な顔、老け顔を“守ってあげたいかわいらしい顔”に

2015年1月29日

見た目年齢を操るメイク:その2“若く見せる顔”を作る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 このコラムでは、『Oggi』『CanCam』『GINGER』『Domani』『美的』『VERY』『mina』『MORE』『Ray』など数々の女性ファッション誌でヘアメイクを担当する神戸春美さんに、メイクの基本や応用テクニック、超カンタンにできるヘアアレンジ法などを教えてもらいます♪

 こんにちは。「ときめきヘアメイク」(パソコンの方はこちらをクリック)の神戸春美です。今週は見た目年齢を操るメイクの2回目。若々しくかわいらしく見せるメイクのポイントをご紹介します。このメイクのポイントを押さえれば、合コンや婚活、デートなどの場面で男性から「守ってあげたい!」と思われるかも?!


☆若々しく&かわいらしく見えるメイクのポイント
○眉は短めに描き、眉山に角度をつけず眉尻は伸ばさないこと
○アイラインは黒目の上だけ太めにして、黒目がちに見せること
○目の下にシャドウとアイライナーで涙袋をつくること
○チークは高め位置に丸く入れること

 若々しくかわいらしい顔に仕上げるには、顔の中にある丸みを強調すると効果的。顔に丸みがあると優しい印象になり、こどものようにあどけない表情に見えるのです。また、目元や頬、唇にツヤをプラスして肌をみずみずしくハツラツと見せるのも、年齢より若く見せるポイントです。

 大人顔では角度をつけて長めに描いた眉ですが、今回は短めのストレート眉に。淡くふんわりさせ過ぎず、しっかりめに描きましょう。目元のアイシャドウはツヤ感をプラスするだけに留め、アイラインは黒目がちに見えるように中央を太めに描きます。目の下にふっくらとした涙袋を作ると、少女っぽさに女性らしさが見え隠れして魅力的。

 チークはツヤがある練りチークがおすすめ。かわいらしいピンク系をまあるく入れると、ポッと赤らんだようにフレッシュな仕上がりになります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
神戸春美
神戸春美
サロンワークを経て、ヘア&メイクアップアーティスト森ユキオさんに師事。 2005年独立。『Oggi』『Anecan』『BAILA』など多数の女性誌で活躍している。ほどよくトレンドを取り入れた女性らしいヘア&メイクに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ