• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたの幼な顔、老け顔をキレイなお姉さん風“大人顔に”

2015年1月22日

見た目年齢を操るメイク:その1“大人顔”を作る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 このコラムでは、『Oggi』『CanCam』『GINGER』『Domani』『美的』『VERY』『mina』『MORE』『Ray』など数々の女性ファッション誌でヘアメイクを担当する神戸春美さんに、メイクの基本や応用テクニック、超カンタンにできるヘアアレンジ法などを教えてもらいます♪

 こんにちは。突然ですが、みなさんは実年齢より年上に見られますか? それとも若く見られますか? 仕事の席ではしっかりとした大人に、デートでは可愛らしくなど、その時々で見た目年齢を操れたら楽しいですよね。そこで今週と来週は、メイクで見た目年齢をチェンジする方法を伝授します。今回は、キリッとした大人顔に見せるコツをご紹介します。


☆大人顔に見せるメイクのポイント
○眉山を作り、眉尻を伸ばすこと
○アイラインをくっきりと引き、目尻を引き上げること
○チークはぼかす程度にし、口紅をラインをとってきちんと塗ること

 顔のパーツがフワッとしてハッキリしていないと優しげな印象ですが、頼りなげで子どもっぽくも見えがち。反対に、それぞれのパーツがはっきりとしていると、顔立ちがキリッと引き締まって見えます。つまり、大人っぽく見せたいときは、ラインを効かせてパーツを際立たせると効果的なのです!

 顔の印象を大きく左右する眉は、今流行の太ストレート眉ではなく、きちんと眉山に角度をつけ、眉尻も作りましょう。目元のアイシャドウはグラデーションをつけて塗り、陰影をつけ、アイラインでキリリと仕上げます。

 チークの色を立たせるとかわいらしく見えるので、血色を補う程度に留め、口紅を丁寧に塗れば、大人の女性らしさの漂うメイクの完成です。口紅をヌーディカラーにチェンジすると、よりかっこいい仕上がりになりますよ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
神戸春美
神戸春美
サロンワークを経て、ヘア&メイクアップアーティスト森ユキオさんに師事。 2005年独立。『Oggi』『Anecan』『BAILA』など多数の女性誌で活躍している。ほどよくトレンドを取り入れた女性らしいヘア&メイクに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ