• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2015年の知りたい!マネーの新常識

インフレに負けない資産形成のための新たな一歩を

2015年1月21日

お得な制度・NISAをおさらい。今年こそ、投資にチャレンジ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 時代の変化に負けず賢く資産形成をするために、働き女子が知っておきたい「お金の新常識」を、専門家がわかりやすく教えてくれる本連載。インフレ時代の資産形成の方法として、投資を勧める積立王子ことセゾン投信社長の中野晴啓さん。今回は、投資を後押ししてくれる制度「NISA」のお話です。

積立王子が解説。そもそも、NISAって? そのメリットとは

 前回は、投資の本質に迫るお話をしました。“本当の投資”の醍醐味を知って、投資を少しでも身近に感じてもらえたらうれしいです。

 投資に興味を持った人が具体的に行動を起こそうと思ったとき、ぜひ知ってもらいたい有効な制度が、「NISA(少額投資非課税制度)」です。2014年1月よりスタートした新しい制度ですが、そもそも一体どんな内容なのでしょうか?

 NISAは、2014年1月から2023年までの10年間行われる、個人投資家向けの税制優遇制度です。

 少額投資非課税制度とも呼ばれ、この10年間、毎年新たに投資に対する非課税枠が与えられます。

 具体的にはNISA口座を開設し、そこで購入した株式や投資信託の年間購入代金が100万円までなら、その配当や分配金、売却益は5年間非課税になります。

 NISA口座を開設できるのは2023年までの10年間で、総額500万円までの投資が対象となります。

 投資において利益がでれば税金は否応なしにかかります。現在、20.315%という高い税率がかかるので、税金がかからないというのは大きなメリットといえるでしょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ