• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜ今? プロレス好きの女性が急増している5つの理由

2015年1月15日

プロレス女子増加のワケを人気レスラー・中邑真輔さんに聞いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

雑誌でも書籍でもテレビでも! 今、プロレスが熱い

 女子の間でプロレスが人気だそうです。AERAの2014年12月22日号では「絶望の国の幸福なプロレス」という特集が組まれ、12月18日のNHKのあさイチでも「プロレス女子 急増の理由とは?」というテーマで放送がありました。

 出版の分野でも、『もえプロ 女子のための“萌える”プロレスガイドブック』(パルコ)や『プ女子百景』小学館集英社プロダクション)と言った女性のためのプロレス本や、プロレスラーのビジュアルがグラビアになっている『しんにちLOVE! 新日本プロレスリング公式ビジュアルガイド』(主婦と生活社)というムックなども発売されるようになりました。

女性の観客も目立つプロレス会場 (C) 新日本プロレス

 私は台湾、韓国、日本のアイドルや俳優のムックに編集やライターとして携わってきましたが、ビジュアルを重視したり、質問が恋愛に関するものだったり、仲間との仲の良さを引き出すものだったりしている部分では、プロレスラーもアイドルやイケメンと同じような視点でも見られはじめているのがわかります。

 そんな折、『新日本プロレスブックス 中邑真輔自伝 KING OF STRONG STYLE 2005-2014』(イースト・プレス)が発売され、サイン会が行われると言うことで、会場に潜入し、実際に中邑真輔さんに、今のプロレスの女性人気について聞いてきました。ちなみに、中邑さんのサイン会は、平日に250人集めるイベントを2日連続で行って、2時間で整理券が完売するほどの人気だそうです。

ファンや選手に聞いて分かった人気上昇の理由とは?

 個人的には、中邑さんの本のように最近出ているプロレスラーの自伝的な本を読むと、男同士がライバルのことを認めながらも勝ちたいともがいたりする複雑な関係性の輪郭が見えてきて、ますますいろんな角度から選手の内面を知りたくなり、そんなところも魅力だと思います。

 このほか、女性のプロレスファンや中邑さんに話を聞いてみて、また自分でも以前、新日本プロレスの試合を見にいってみて、プロレスの人気について気づいたのは次のようなことでした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
西森路代
西森路代
ライター/人気事象評論家。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣社員、編集プロダクション、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。主に、アジアのエンターテインメントや女子、人気について執筆。共著に「女子会2.0」(NHK出版)、著書に「K-POPがアジアを制覇する」(原書房)がある。TBS RADIO文化系トークラジオ 「Life」にも出演。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ