• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

男性に依存しがちな人は要注意……夫に従ったあまり、信じられない事態に陥った女性

2015年1月17日

アート界を揺るがした大スキャンダルの映画化「ビッグ・アイズ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 あなたは、男性に依存することが多いですか? 恋人や夫から強く言われたら、自分の意見を引っ込めて、従ってしまうことがあるでしょうか?

 1960年代のアメリカのアート界で、夫に従ったあまり、信じられないような事態に陥ってしまった女性がいました。その驚くべき実話を基にした映画が公開されます。

「ビッグ・アイズ」
2015年1月23日(金)TOHOシネマズ 有楽座他 全国順次ロードショー
(C) Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.
監督:ティム・バートン
音楽:ダニー・エルフマン
美術:リック・ハインリクス
衣裳:コリーン・アトウッド
出演:エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ
配給:GAGA

公式サイト:http://bigeyes.gaga.ne.jp/

 アンディ・ウォーホルが、その魅力を認めたという絵画<ビッグ・アイズ>シリーズ。1960年代にアメリカで一大ブームを巻き起こし、そのシリーズの画家ウォルター・キーンは有名人になりました。でも、その絵画は全てウォルターの妻、マーガレットが描いたものだったのです。

 1958年、離婚を経験したマーガレット(エイミー・アダムス)は、娘ジェーンを連れて、カリフォルニア州で再出発します。アーティストが集まるサンフランシスコのノースビーチで似顔絵を描き始めたマーガレットは、パリの美術学校に通っていたと話すウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)と出会って引かれ合い、間もなく結婚します。

 その後、マーガレットの描く、大きな目の子どもの絵が注目を浴びるようになります。ところが、ウォルターは自分がその絵の作者だと名乗り、口下手で内気なマーガレットを、「僕たちは一心同体だから」と言いくるめ、彼女を家に閉じ込めて、絵を描かせ続けます。

甘い言葉で妻を説得し、マーガレットが表に出ないようにするウォルター。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ