• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

話題の「コールドプレスジュース」で正月太りの体内をクレンジング

2015年1月15日

1~1.5kgもの野菜と果物が凝縮した1杯約1000円ジュースの魅力とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 アメリカ・ニューヨークなどで人気のコールドプレスジュースをご存じだろうか? コールドプレスジュースとは、スクリューを低速回転させて素材を押し潰すように搾る「低速圧搾方式」のスロージューサーで、水などを何も混ぜずに野菜や果物の水分だけを絞り出したジュースのこと。通常の遠心分離型の高速ジューサーと比べて同じ分量の材料で約2倍の汁を圧搾し、空気が混じりにくいため酸化しづらいのが特徴だ。

 低速のため、摩擦の熱で失われやすい酵素やビタミンを壊さず摂ることもできる。また、汁だけを絞りだし不溶性繊維などは取り除いているので、胃腸への負担が少ない。効率よく栄養素を摂りながら、体内の老廃物や有害物質の排泄を促して、身体の機能の回復を図れるのだ。そんなデトックス効果の高いコールドプレス製法のジュースショップが昨年続々オープンしている。そんな体の中から綺麗になれるコールドプレスジュースをご紹介。(価格は特記がない限りすべて税抜)

 まず紹介するのは、2014年11月14日に表参道にオープンしたばかりの「john masters organics TOKYO」。ここは、NY発オーガニックプロダクツブランドjohn masters organicsの「ホンモノのオーガニックを五感で感じるライフスタイルストア」をテーマにした世界唯一の旗艦店。店内には、カラーやパーマといったケミカルなメニューを排除したヘアサロン「ザ・サロン」、植物の力を余すところなく生かした施術を行う「クレンズサロン」、john masters organicsをはじめとした4つのブランドのオーガニック製品が選べるセレクトショップ、そして、体の中から綺麗になるためのカフェ「インナービューティーバー」がある。

表参道駅A1出口を出た表参道通りを1本入ったところにあるjohn masters organics TOKYO。シックな店内には男性客もよく訪れるそう。
1階の店舗内に、ザ・サロン(写真左上)、クレンズサロン(写真左下)、インナービューティーバー(写真右上)、ジョンマスターオーガニック セレクト(写真右下)がある。

 インナービューティーバーは、国産を中心にセレクトした素材で、簡単にボディメンテナンスをするフレッシュで美味しいコールドプレスジュースやスムージーとともに、オーガニックコーヒーやオーガニックブラウニーなどのスイーツも提供するスタンディングカフェ。

 コールドプレスジュースは、全部で5種類(各1000円/200ml)。オプションでオーガニックのマカ、カカオ、メスキートの3種類のスーパーフードパウダーをトッピングすることもできる(※スーパーフードとは、有効成分を突出して多く含む食品のこと)。ここでは、オーダーを受けてからコールドプレスジュースを作るのだが、素材やジュースの種類によって、3種類のコールドプレス用の低速圧搾ジューサーを使い分けており、取材時にスタッフの伊藤さんが作ってくれたデトックス効果とアンチエイジングにきくという「グリーンデトックス」(1000円/200ml)は、「Norwalk juicer」を使用。

同カフェのコールドプレスジュースは、とにかく色が鮮やかで濃くきれい。利用者の約4割がコールドプレスジュースを購入するそうで、「イメージや見た目の印象よりもかなり美味しい」と好評だそう。

 アメリカNorwalk社製「Norwalk juicer」は、砕く機能と搾る機能の2工程でジュースを作り出すコールドプレスジューサーの中でも評価の高いジューサー。以下に、写真とともに作り方の工程をご紹介。

まず、ケール、小松菜、ブロッコリー、りんごといった素材をジューサー左側の漏斗のような部分にいれると、砕いて潰され、下にセットした布袋に出てくる。
その次に、ジューサー右側に先ほどの野菜と果物が入った布袋を置く。
布袋をプレスして濾すことで、ジュースを絞りだし、袋には野菜や果物の絞りかすが残る。
濾すことで不溶性繊維などを取り除いているので、濾されて出てくるジュースはさらさら。
最後に、計量しながらレモン果汁を加え、ボトルにいれて完成。シンプルでオシャレなボトルに入った一番人気のグリーンデトックスは、鮮やかなグリーンでとてもきれい。

 ケールと聞いて青汁を想像してしまったので、おっかなびっくり口に運んでみたのだが、飲んでみると美味しくてびっくり。「美味しく飲んでいただくために、配合率などかなり研究しました」とのこと。最後に、秤をつかってレモンを加えていたのに納得!

 同カフェのコールドプレスジュースは国産を中心に取り寄せた、有機栽培、農薬不使用、もしくは減農薬栽培の野菜や果物を使用している。新鮮な旬の素材をたっぷりミックスしているため、今後は、季節によって使う野菜や果物に変更がでたり、季節商品がでたりする可能性もあるそう。オーダーを受けてから、じっくり丁寧に、素材の良さを引き出しながら作っているので、1杯を作るのに5分程度かかるそうだが、酵素やビタミンが豊富でフレッシュなまま提供されるので、美味しさは際立っている。「加熱していない100%RAW(生)のジュースですし、酵素は1時間でなくなるといいますので、ぜひ購入後すぐ、フレッシュなうちに飲んでいただきたいです」とjohn masters organics PRの曽我雅代さんは話す。

 クレンズサロンを利用した方は、インナービューティーバーのお好きなドリンク1杯が半額になるそう! 体の外、内側の両方から綺麗になるチャンスです!

 次ページは、日本でコールドプレスジュースを広めたジュースバーを紹介。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ