• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

2015年に流行りそうな食べ物 Best6をチェック!

2015年1月8日

スーパーフード、シフォンケーキ、金沢飯…、2015年注目のフードはこれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 昨年はココナッツオイル、塩レモンなどが注目を集めたが、今年はどんなフードが話題になるだろうか。2014年に蒔かれた種のなかから、2015年に大きく花開くことが予想されるフードトレンドをご紹介する。大きく話題になる前にチェックして、自分の感覚を研ぎ澄まそう。(価格は特記がない限りすべて税抜)

1)ビーポーレン、バーリーマックス…
高機能栄養素を一気に摂取できる「スーパーフード」

 2014年はチアシードやココナッツオイルなど、モデルが美容のために摂取しているナチュラルフードがヒットしたが、2015年はさらに効率的に摂取できる「スーパーフード」が注目されそうだ。

 スーパーフードのパイオニアブランドである「サンフード スーパーフーズ」によると、スーパーフードの概念が成立したのは30年ほど前での北米でのこと。「12以上の栄養成分を含む食品であること」「一般的に摂取する野菜や果物より栄養価が高い食物であること」「体に必要な栄養素のみ含んでいること」の3つを満たすものを指すという。

 多くがパッケージ化されており、自分に必要な栄養成分を含むものをいつもの食事にプラスして使う。

 サンフード スーパーフーズから2月に発売される「ワイルドクラフト ビーポーレン」は、ミツバチが女王蜂や自分たちの越冬のために体内から酵素を分泌させ、花粉にからめて作るキューブ。さまざまな種類の野生花から花粉を採取して作られており、さらに複雑なファイトケミカルを含有。ビタミンA・B・C、マグネシウム、鉄、亜鉛も豊富に含み、完全なタンパク質源なのだとか。

サンフードの「ワイルドクラフト ビーポーレン」(454g 5800円)。エイジングケアや免疫力アップが気になる人向けの成分がたっぷり。

 朝の手軽なメニューとして人気のシリアルにもスーパーフードが参入。「バーリーマックス」はオーストラリア連邦科学産業研究機構が10年かけて開発した新種の大麦。遺伝子を組み替えることなく、交配育成を繰り返すことによって開発され、元々大麦が持つ食物繊維、デンプン、たんぱく質が豊富で、胚芽の部分には、ビタミンなどの抗酸化物質も多く含んでいる。さらに、一般的な大麦に比べ、食物繊維の量が2倍で、女性にはうれしい便秘の解消や新陳代謝のアップによるダイエットへの効果も期待されている。この「バーリーマックス」を使ったグッドネススーパーフーズの「Digestive1st」はそのままで食べられるのはもちろん、機能性のヨーグルトなどと混ぜたり、料理に使うこともできる。

 いずれも価格はちょっと高めだが、美容にいいと聞くと試したくなる女性は多いはずだ。

グッドネススーパーフーズの「Digestive1st」(1300円)。

2)北陸新幹線で盛り上がる石川県の「金沢飯」

 2015年3月14日に延伸開通する北陸新幹線は、東京から富山・金沢を結び、北陸地方へ訪れる人が増えると予想されている。なかでも終点となる城下町・金沢は、日本三名園の兼六園や金沢21世紀美術館など、新旧文化が融合する街だ。関東圏からのアクセスが良くなることでさらに注目が上がることが予想される。

 金沢市というと、日本海の恵みの海産物はもちろん、山の幸である加賀野菜も美味しい街。そんな味わいをいただけるお店がキラリト ギンザ6Fにオープンした「dining gallery 銀座の金沢」だ。金沢市内に店を構える日本料理店「銭屋」の主人である高木慎一朗氏監修のもと、金沢の旬の味がいただける。ギャラリー店舗も併設しており、伝統の技術を継承した職人によるアクセサリーや陶器なども販売している。

「dining gallery 銀座の金沢」ディナーコースは先附からお菓子までついて6000円(サービス料別)から。アラカルトメニューもある。

 意外と知られていないが、金沢といえば独自のカレー文化が発展した街でもある。いくつかのお店はすでに他府県にも進出済み。東京では麹町と九段三番町に出店している「カレーのチャンピオン」は金沢カレーの代表格だ。フレンチのソースをベースにしているカレーは、辛さではなく、そのスパイスのコクと深みを味わう「カレーソース」仕立て。そこに豚カツを乗せて食べるのが定番だ。

 北陸新幹線に乗る前に、現地行かずに食べられる「金沢飯」を一足先に堪能してみては?

チャンピオンカレーの一番人気の「Lカツカレー」(790円・普通サイズ)。ミニ・大盛サイズも選べる。

3)塩トマト、レモンカード…
いつものメニューをちょいリッチにできる簡単レシピ

 2014年にヒットした自家製調味料「塩レモン」に続き、「塩トマト」「レモンカード」など、いつものレシピに使うことで新しいリッチな味わいになるレシピが人気になると予想。「レモンカード」はクックパッドでも次のトレンドとして注目されている

 消費税の次なる増税も予定されており、家計を守りながらもリッチな気分なれるメニューをという工夫から生まれたトレンド。今後もこの傾向は継続すると思われる。

 次は気になるスイーツのトレンドをご紹介しよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ