• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

昇給カーブは?社内の資格取得サポート制度は?収入アップ法は転職だけにあらず

2015年1月29日

キャリアアップの第一歩は、正しい情報をきちんと集め見極めること

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 入社1年目Mさんの相談最終回(前回記事はこちら)。キャリアカウンセラーの水野さんは、「今から逃れることを考える前に、綿密な情報収集と検証が大切」と話します。前向きに働き続けるためのポイントについても、再確認しました。

Mさんプロフィル
23歳。今年4月、保険会社に事務職として入社。現在の基本給は、手取りで12万円程度。平均的な女性と比較して給料が低く、職場に苦手な先輩女性がいるため、気が重い毎日。周囲にも相談することもできず、学校に通い資格を取得しようか、いっそ転職しようか、悶々と悩んでいる。現在の会社は残業がほとんどなく、福利厚生は充実。

Mさん:今はまだ転職すべき時期ではないということはよく分かりました。長く働けるためのキャリアを身につけるために、資格のことももう少し調べてみようと思います。

水野:情報収集は大切ですよ。お給料の件ですが、金融業界の場合、初任給は低いけれど、着実に昇給があるはずです。今の給料だけでなく、この先キャリアを積んで年齢を重ねるとどれくらいの金額になるのか、一度人事の方にたずねてみては?

Mさん:入社時に規定の紙をもらったのですが、あまりきちんと見ていませんでした。

水野:福利厚生が充実している会社なら、社内に資格取得やキャリアアップをサポートするような制度もあるはず。そういったものを活用して学ぶのもいいですよね。調べたことはありますか?

Mさん:社内だけで使える資格があって取得すると収入が上がるということで、それはこの間取りました。他にも、収入アップにつながる資格はあるみたいです。

水野:そうなのですね。やみくもに公認会計士を目指すより、まずは社内の資格を着実にとってお給料をあげていくほうが現実的ですし、転職の時にも有利に働きますよ。

 戦略的にステップアップしてキャリアを築いていけば、今の職場でもっと能力を発揮できて、仕事が面白くなるかもかもしれません。Mさんが今、やるべきことは、正しい情報をきちんと集めること。

 お給料にしても、資格や転職にしても、少し情報不足かなという印象です。せっかく今、時間に余裕があるのですから、「これをやりたい」と思えるものを見つける時間にあてては? 社会勉強のつもりで、いろんなものを吸収する時間だと考えましょう。キャリアップ以外でも、体を動かすなど新しいことにトライすることで、先輩との人間関係のストレス解消にもなると思いますよ。

Mさん:いろいろチャレンジしてみます。先輩との関係も頑張って近づいてみることで、良くなればいいなと。ただ、この先どう頑張っても相容れない人が出てきたら、どうすればいいんでしょうか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
水野順子
水野順子(みずの・じゅんこ)
Career Collection(キャリアコレクション)代表取締役、キャリアカウンセラー。公務員・外資系大手人材サービス会社を経て独立。キャリアカウンセリングや研修・講演を通じ、メンタルケアや人間関係の築き方などを含めた女性のキャリア支援を行っている。女性とキャリア研究所主宰、All About女性の転職ガイド。著書に「3分で感情を整理する心の整理手帳」(クロスメディア・パブリッシング)など。
関連キーワードから記事を探す
就職・転職働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ