• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【漫画】お正月気分が抜けないあなたに――安野モヨコ作・オチビサン

2015年1月5日

オチビサン歳時記・第五回「かがみもち」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

新年おめでとうございます。

仕事は始まったけれど、お正月気分が抜けない人も多いのでは?

ここ、豆粒町にも、そんな人が約3名いるようです。

それにしても、オチビサンのねまき姿のかわいらしいこと!

ほんと、アレにそっくりですね。

Ochibi (C) Moyoco Anno / Cork

 お正月に、年神様におそなえする鏡餅。平たく丸く、昔の銅製の鏡に似ているためにその名があり、ふたつ重ねた丸餅は月と太陽、つまり陰陽を表すと言われています。
 鏡は古来、神聖で霊力をもつと考えられていました。そして餅は、ハレの日の食べもの。赤ちゃんの初めての誕生日に餅を踏ませて幸せを願ったり、新築の棟上げ式で餅をまいたりする風習も残っています。お祝いの日にはケーキよりお餅のほうが、日本人らしいのかもしれません。
 オチビサンが頭にのせたのはミカンですが、本来鏡餅には橙を飾ります。熟しても木から落ちにくく、翌年まで実ったままということもある果実で、「代々」から転じてこの名がつきました。「家が代々栄えるように」という願いをこめ、鏡餅や正月飾りに飾ります。
 さて、まもなく鏡開き。一般的には1月11日に、年神様の霊力が宿った尊いお餅をいただきます。切るのは縁起が悪いので、木槌でたたいて開きます。神聖な力を体に授かり、また一年、オチビサンのように元気に過ごしてくださいね。

文/かなだたえ

▼オチビサン3巻・試し読み

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
安野モヨコ
安野モヨコ
1989年「別冊フレンド」でデビュー。 『ハッピー・マニア』『さくらん』『働きマン』など、ドラマ化・映画化したヒット作多数。『シュガシュガルーン』では第29回講談社漫画賞を受賞。『オチビサン』は「AERA」で、『鼻下長紳士回顧録』を「FEEL YOUNG」で連載中。
公式サイト:http://annomoyoco.com/
Facebook:Facebook
Instagram:@moyoco_anno
関連キーワードから記事を探す
暮らし方エンタメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ