• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

知っておきたい!「魚油」の健康メリット

ダイエットにも、冷え・PMSの改善にも!女性の強い味方 「魚油」の秘密

2015年1月9日

今年は、「魚油」習慣を身につけよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 魚の油に含まれるEPAやDHAなどの脂肪酸の健康効果や、魚油を効果的に摂取する調理のコツなどを紹介してきたこのシリーズ。今回は、特に女性にとって嬉しい魚油の効能について紹介する。

 イワシ、アジ、サバといった青魚やマグロに含まれる油は働く女性が積極的にとりたい油だ。前回もお伝えしたように、魚の油にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)といった「オメガ3」脂肪酸が多い。このオメガ3に、女性に嬉しい効果がいくつもあるのだ。

女性特有のメンタル不調の改善に効果的

 「オメガ3、特にDHAは脳や神経細胞の活動に必要な脂肪酸。知能に影響し、うつやイライラを改善するというデータもある」と、オリーヴァ内科クリニック(東京都世田谷区)の横山淳一院長は話す。

 まず、“女性特有のメンタルの不調”に効く。

 PMS(premenstrual syndrome=月経前症候群)といって、生理の前にイライラしたり、気分が沈んだりする女性は少なくない。働く女性にとっては大きな悩みだ。テヘラン大学で行われた研究から、このPMSによる気分の落ち込み、不安感、集中力の低下などをオメガ3が改善することがわかっている[注1]。

 22~51歳の男女33人がオメガ3(EPAとDHA)のサプリメントを35日間のみ、その前後で心理テストを受けた研究でも、摂取後は活気が増した一方、怒り、不安、うつなどネガティブな感情はすべて軽くなっていた(グラフ参照)。

DHA+EPAでネガティブな感情が改善
22~51歳の男女33人に1日にEPA1.6g、DHA0.8gを含むサプリを35日間とってもらい、摂取前と心理テストの結果を比較。摂取後は活気が増える一方、うつ、不安、怒りなどのネガティブな感情は低下した。
(データ:Eur J Clin Invest;35(8):449-507、2005)

生まれてくる子どもの脳の発育も助ける

 これから子どもを持ちたいと思っている人は、妊娠中に魚油をとると、生まれてくる“子どもの脳の発育を助ける”という研究があることも知っておいてほしい。

 妊娠18週から出産3カ月後まで、341人の妊婦にタラから取った魚油10mlかコーン油のサプリメントを毎日のんでもらった。子どもが4歳になった時点で知能テストを受けさせると、魚油グループのほうが点数が高かったという[注2]。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材ダイエットカラダの悩み・病気メンタルヘルス健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ