• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

恋愛不調の原因である「父娘関係」に挑む!

2014年12月23日

第44回 家族を置いて出て行った父と初対決に臨む「葵」の変革STORY

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 明日はいよいよクリスマスイブですね☆ っていうお決まりの時候のあいさつもお腹いっぱいのころでしょうか。りょうっぺです、こんにちは! 悩む心に、クリスマスも正月休みもありませんもの。みなさまのハッピーを応援するべく、今日も心を込めて記事をお届けします!

 なんつって、年末年始のお悩みコラム、しっかり休むんですけどね(苦笑)。

 さて今回も、前回の「恋愛がうまく行かない本当の原因が判明!」に続いて、葵さん(29歳・独身)の壮大な人生ドラマをお送りします。葵さんは、大手企業のキャリアウーマンで、その上外見も中身も可愛い素敵女子にもかかわらず、不思議なほど恋愛不調に悩み続けてきました。

 ところが、友人のある一言がキッカケでその原因に気づかされます。

 それが、「葵の恋愛がうまく行かないのは、昔家を出て行ってしまったお父さんとの関係に原因があるんじゃないの?」という一言。確かに、葵さん自身、男性に対してあまり良いイメージを持っておらず、「相手の男性は自分のことを大切にしてくれない」という想いが心のどこかであったのです。それはまぎれもなく、自分を置いて勝手に出て行ってしまったお父さんの姿と重ね合わせているわけで……。

 でも、前に進むためには、幸せをつかむためには、その問題に目をそむけてはいられない!

 葵さんは意を決し、お父さんと向き合う覚悟をします。

 後編では、葵さんが生まれる前に家を出て行ってしまったお父さんとの29年越しの初・対面(対決?)シーンと、その後葵さんがどう自分の気持ちを整理したのかについて、お伝えしていきます。

 今年最後の深~い心の向き合いストーリーをしかと見届けてくださいませ!

●生まれて初めての父からの電話に大ショック

りょ:葵さん、これまで一度も会ったことのないお父さんと向き合われる決心をされたこと、本当に勇気のいることだなぁと心から尊敬します。

 お父さんとは「以前にも一度会うチャンスがあったけど、そのキッカケが許せなくて、会うのを拒絶した」とおっしゃってましたよね? いったい、お父さんとの間に何があったんでしょう?

葵:いや~それが私自身も寝耳に水の、衝撃的な出来事があったのですが……。

 実は数年前、父の生活保護の手続きの件で、生まれて初めて父から連絡が来たのです!

りょ:なんと~。娘への初コンタクトが生活保護の手続きですか……。それは切ない(泣)。お父さん、かなり生活が苦しかったんでしょうかね。

葵:なんだか病気をしてフルタイムで働けなくなったとかで、生活保護の申請を出したらしいのですが……。本当かどうかはわかりませんけどね。

 家族を置いて出て行ったのに、自分一人の生活すら立て直せないのか? そんでもって会ったこともない子どもに頼るのか? と怒りが沸いてきましてね。まず、その時点でガッカリしたんです。

りょ:そうでしたか……(涙)。お父さんとは電話でお話したんですかね? 初めてお話したときはどんな感じだったんですか?

葵:父の第一声は、「もしもし、お父さんと言っていいかわからないんだけど……」から始まりまして。私は「そりゃそうですよね。父と名乗る権利ないですよね」とつぶやきましたけどね。

 その電話のとき、父から「葵ちゃんが生まれたときに産婦人科にどんな様子だったか電話したんだよー」と言われたんですけど、そんなことを恩着せがましく言われてもねぇ。本当に会いたいなら、見に来ればいいし、これまでにも会いに来るチャンスはたくさんあったはずですから。今さら何を言うんだ! という感じ。

 とにかく言葉と行動が矛盾していて、「いったいこの人はなんなんだろう」と疑問でいっぱいでした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。早稲田大学第一文学部卒業後、人材派遣会社で営業や企画を経験。その後、日経ホーム出版社(現・日経BP社)で就職情報誌の編集に携わり、2001年に独立。以来、日経やリクルート系の雑誌編集を行うほか、書籍、Webなどでも執筆。また、「働く人の心の悩み」にも対応するべく、産業カウンセラーの資格も取得。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ