• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

二度寝もへっちゃら!? とっておきの“時短メイク”ワザを紹介!

2014年12月19日

目からウロコのメイク法。引き算メイクでもばっちりオフィス顔に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 このコラムでは、『Oggi』『CanCam』『GINGER』『Domani』『美的』『VERY』『mina』『MORE』『Ray』など数々の女性ファッション誌でヘアメイクを担当する神戸春美さんに、メイクの基本や応用テクニック、超カンタンにできるヘアアレンジ法などを教えてもらいます♪

 こんにちは。日に日に寒さが厳しくなり、朝、お布団からなかなか出られない季節になってきましたね。温かいお布団にくるまっていて気づいたら二度寝…遅刻のピンチ!という経験、誰にでもあるのでは? そこで、今回は寝坊してしまった日も慌てずに済む、「時短メイク」をレクチャーします。


☆時短メイクのポイント
○ファンデを塗るのは顔の中心だけにして時短!
○眉は薄づきリキッドでササッと描いて時短!
○マスカラを根本にしっかりつけてアイラインは省略して時短!
○チークを入れたら、口紅は省略して時短!

 メイク時間を短くしたいときは、時間をかけるパーツと省略するパーツの見極めが重要です。たとえば、ベースと眉さえしていればスッピンには見えませんし、アイシャドウや口紅はササッとオフィスのトイレでもできますよね。とにかく時間がない!というときでも、時間がかかり、さらにスッピンとの差がつきやすいベースと眉だけはしておくといいですよ。

 急いでいると、かえってファンデが厚塗りになったり、顔と首の境目をぼかせなかったりしがちです。そこでおすすめしたいのは、ファンデを顔全体に塗らないこと。人の目につきやすく、印象を左右する顔の中心だけにファンデを塗るのです。こうすると、首との境目の色合わせやぼかしをしなくてもナチュラルに仕上がりますし、白浮きせずに立体感を出すこともできます。また、チークは省略されやすいアイテムですが、サッとひとはけでもいいので入れましょう。チークを入れると血色がプラスされてくすみが目立たなくなる上、寝坊してぼんやりした顔もイキイキと見えますよ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
神戸春美
神戸春美
サロンワークを経て、ヘア&メイクアップアーティスト森ユキオさんに師事。 2005年独立。『Oggi』『Anecan』『BAILA』など多数の女性誌で活躍している。ほどよくトレンドを取り入れた女性らしいヘア&メイクに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ