• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「男友達を好きになってしまった」―12年間もすれ違い続けた男女の物語

2014年12月13日

映画「あと1センチの恋」ヒロイン役・リリー・コリンズ来日取材

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 とても仲の良い男友達。何でも話せる気楽な関係。だけど、いつの間にか好きになってしまった。この思い、告げる? 告げない?

 ありがちなシチュエーションのようで、実際に自分の身に起きたら、かなり悩んでしまう問題ですよね。友達としての良い関係を壊したくないし、相手が自分のことを異性として全く見ていなかった場合、告白したら気まず過ぎるし……。

 今回、紹介する映画は、お互いのことが好きなのに、相手の状況を考えたり、タイミングが合わなかったりで、12年間もすれ違い続けてしまった男女の物語です。

「あと1センチの恋」
12月13日(土)より、新宿武蔵野館他にてロードショー
(C) 2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH
配給:ファントム・フィルム

公式サイト:http://1cm-movie.com/

 6歳から幼なじみのロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)。2人はくだらない話も、昨日見た夢の話も、恋の話も、どんなことでも共有し、同じことに同じ気持ちになるような、誰が見てもベストカップルのような親友同士でした。

幼い頃からずっと仲良しのロージーとアレックス。
高校の授業中にパソコン上でのチャットを教師に読まれ、呼び出しを食らう2人。

 高校卒業が近づき、医師を目指すアレックスと、ホテル経営を夢見るロージーの志望校は異なるものの、2人ともアメリカのボストンにある大学への進学が夢。ずっと暮らしてきたイギリスの田舎町を離れ、一緒にボストンへ行こうと約束していました。

 そんな中、アレックスが目立つタイプの女子、ベサニー(スーキー・ウォーターハウス)と初体験を済ましたとロージーに報告。複雑な気持ちを抱えるロージーは、クラスで人気の男子、グレッグ(クリスチャン・クック)と軽はずみなセックスをしてしまった結果、妊娠してしまいます。

 ボストン行きを諦めざるを得なくなったロージーは、妊娠を隠して、アレックスをボストンの大学へと送り出します。2人は、お互いを思う自分の気持ちに気付いていましたが、言葉にはできませんでした。

空港に見送りに来たロージーに、ボストンで待っていると告げるアレックス。

 初めて別々の場所で、それぞれの人生を歩むことになった2人。シングルマザーになったロージーは、育児をしながら仕事にも就き、毎日を必死に過ごします。でも、アレックスへの思いは募るばかり。その後も2人は運命のいたずらに翻弄されながら、近づいては離れ、12年が過ぎ去っていきます……。

アレックスに招待され、ボストンを訪ねたこともあるロージー。

 イギリスとアメリカで離ればなれになったロージーとアレックス。20代半ばから後半を中心に描かれるので、日経ウーマンオンライン読者が共感できるポイントも結構あると思いました。恋愛のことが気になりつつ、キャリアアップもしたいロージー。予想外の妊娠だったため、産んだ娘を養子に出そうと考えていたロージーですが、愛情が湧いたわが子を手放すことができず、シングルマザーの道を選びます。

 原作は、処女小説『P.S.アイラヴユー』がベストセラーとなり映画化され、大注目された作家セシリア・アハーンの2作目『愛と虹の向こうに』。太い眉毛がキュートな女優リリー・コリンズが、ヒロインの12年間を見事に演じ切りました。そのリリーが本作のPRで来日。取材に応じてくれた彼女は、映画への思いや、撮影裏話、ロージーとアレックスの恋などについて語ってくれました。リリーの等身大の魅力満載のインタビューをお届けします!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ恋愛・結婚人間関係の悩み暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ