• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性のための「医療・健康」の話

20~50代女性の3人に1人が悩む“冷えのぼせ”!やるべき&やってはいけないこと

2014年12月9日

あなたは大丈夫?自分の“冷えのぼせ”度をチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

寒さが増し、体の冷えが気になり始めるこの頃。冷え症に悩む女性は少なくないが、近年、冷え症を悪化させ、

手足は冷えているのに顔や頭はボーッと熱くなっている“冷えのぼせ”の症状が目立っているという。

プレ更年期の症状と勘違いしている人もいるが、症状は似ていても、その原因や対策は違う。

“冷えのぼせ”の原因と正しい対処法を聞いた。

20代にも多い“冷えのぼせ”

 ピップが20~50代の女性1万人を対象に行った実態調査によると、冷え症だと答えた人が63.6%。そのうち半数以上は“冷えのぼせ”を自覚していた。全体の約3人に1人が“冷えのぼせ”ということだ。

 年代別に見ると、50代に次いで20代に多いことがわかった。冷え症は年齢を重ねるごとに症状が悪化する傾向があるが、女性の冷えに詳しい目黒西口クリニック院長の南雲久美子氏によると、「20代は生まれたときからエアコンを使う環境で生活をしてきたことに加え、運動不足や体を冷やしやすい食生活、ファッションなどの生活習慣が背景にあり、本来50代以降に見られる傾向が若年化している」という。

■グラフ 世代別の冷えのぼせの割合
20代 冷え症1663人/冷えのぼせ893人
30代 冷え症1716人/冷えのぼせ813人
40代 冷え症1593人/冷えのぼせ773人
50代 冷え症1384人/冷えのぼせ786人

プレ更年期症状とは違う 冷えているのに汗をかく

 “冷えのぼせ”は冷え症の一つで、より重度な状態をいう。典型的な症状は「(1)上半身は特に冷えを感じていないが、手足は冷たいといわれる」「(2)気温・運動など暑くなる条件の直後に、胸より上がカーッと熱くなり大量の汗が出る」「(3)手のひらや足の裏などにじっとりと汗をかく」など。

「汗は自覚できても、(1)は自覚のない人が多い。20~30代女性のなかにはプレ更年期の症状と勘違いしている人もいます」(南雲氏)

 夏場に冷たいものやエアコン等で体を冷やしてしまった結果、季節の変わり目で気候が不安定になり、温度差が大きくなる10月から12月ごろに冷えを実感する人が増える傾向があるという。以下のチェックリストのうち、1つでも当てはまったら“冷えのぼせ”の可能性があるので、注意して冷えに備えよう。チェック項目が多いほど要注意だ。

□ 胸より上は特に冷えを感じていないが、手足は冷たいといわれる
□ 手足が冷えているのに、頭だけがボーッと暑くなるような感じになることがある
□ 気温・運動などの暑くなる条件の後に、胸より上がカーッ熱くなり、汗がどっと出る
□ 冷えの自覚はないが、冷たいものを食べたり飲んだりするとトイレが近くなる
□ 手のひらや足の裏などにじっとりと汗をかく

自律神経のバランスの乱れが負のスパイラルを招く

 冷えは、冬の寒さはもちろん、夏でも温度差の大きい環境で体を冷やすことが原因で起こってくる。体が冷えると、生理痛など「血行不良型の冷え」が起こる。さらに血行不良が続くと、静脈やリンパ管のうっ滞が起こり、体の末端がむくんでくる。これを「水分代謝異常型の冷え」という。一方、体は本能的に、手先・足先の体温を下げてでも頭部の温度が下がらないようにする。このため、血行不良型・水分代謝異常型の冷えが続くと頭部が熱くなり、末端との温度差が大きくなり、その結果、冷えとのぼせが混在した“冷えのぼせ”になる。こうなると体温を一定に保つために交感神経と副交感神経は通常より頻繁にはたらかなければならず、その結果、自律神経自体がバランスをくずしていく。“冷えのぼせ”はいわば「自律神経失調型の冷え」といえる。

 このような“冷えのぼせ”の症状が続くと、血行不良型の生理痛が悪化し、ニキビ・吹き出物など、その他の症状も現れる。水分代謝異常型のむくみやめまい、頭痛も引き起こす。自律神経のバランスの乱れが、イライラする、寝付きが悪い、汗や顔のほてりといったようにさまざまな症状を引き起こし、負のスパイラルを招くのだ。

 実態調査でも、軽い冷え症の人に比べ“冷えのぼせ”の人のほうが自律神経の乱れが多く、不安・緊張などの気分の悩みや、睡眠の低下につながっていることがわかった。

 「“冷えのぼせ”の人は交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにできなくなり、寝付きが悪くなる傾向があります」(南雲氏)

 冷えと睡眠は密接に関係しているのだが、自覚していない人が多い。どちらか一方だけに対処しても不十分で、適切に体を温め、リラックスする、両方へのアプローチが必要だ。

 しかし、“冷えのぼせ”の人は寝ている間も緊張しており、それによって汗をかき、蒸れて暑くなってしまうので、靴下を履いて寝ても途中で脱いでしまったり、入浴時も体の芯が温まる前にのぼせてしまうため長時間湯船に浸かることができないなど、重度な人ほどうまく体を温められず、自ら体を冷やすライフスタイルを送ってしまいがちだ。

 そんな悪循環を断ち切るための正しい対策のポイントとは?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ