• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ロールモデル不在の不安への対処法

2014年12月10日

ロールモデルは社内だけにあらず!フットワーク軽く、交流を広げて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2万人以上へのキャリアカウンセリングを行う水野順子さんが、働き女子のキャリア上の悩みに応える新連載。今回の相談読者は、IT業界で管理職として働くRさん。ロールモデル不在の不安や将来を見据えたキャリアの磨き方などを水野さんに相談しました。

Rさん:パソコンソフトを扱う会社に中途入社し、今年で14年目になります。会社の規模が小さいので、ほとんどの業務を私が見る形で働いていますが、逆に“これが自分の強み”と言える専門性がないのが悩みです。もしもこの先、転職をすることになった場合、何を自分の売りにすればいいのか分からなくて…。

水野:そうなのですね。社員は何人くらいいるのですか?

Rさん:会社全体では15人くらいですが、私がいるオフィスは10人です。営業とユーザーサポートの人たちがいて、私がその上で部長としてすべてを見ている形ですね。ただ、人数が少ないので、下の面倒を見つつ、自分自身も現場の仕事をこなしている状況です。

水野:つまり、プレイングマネージャ―のような状態ですね。そもそも、今の会社に入社された理由は何だったのですか?

Rさん:元々パソコンが好きで詳しかったので、それを活かしたいと思い、ユーザーサポートとして入社したんです。その後、徐々にウエブ業務や営業、人事、開発との間に立って折衝して仕様をまとめたり、マニュアルを作ったりなど、いろんな業務を兼務するようになりました。

水野:それは、ご自身の希望というより会社から期待されて?

Rさん:人数が少ないので、いろいろ任されてしまうんです。とはいえ、比較対象や同じような仕事をしている人がいないので、自分がどれくらいのレベルでできているのか、よく分からなくて…。私の上は、もう社長ですし。

水野:要するに、社長の片腕としてずっと働いてきたということですよね。なかなかできることではありませんよ。現在は、転職を視野に入れているのですか?

Rさん:いいえ、給料も悪くないですし、現時点で転職を考えているわけではありません。ただ、10年20年先まで会社が存続するかは誰にもわかりません。自分の中では“このままじゃダメなんじゃないか”という気持ちがずっとあります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
水野順子
水野順子(みずの・じゅんこ)
Career Collection(キャリアコレクション)代表取締役、キャリアカウンセラー。公務員・外資系大手人材サービス会社を経て独立。キャリアカウンセリングや研修・講演を通じ、メンタルケアや人間関係の築き方などを含めた女性のキャリア支援を行っている。女性とキャリア研究所主宰、All About女性の転職ガイド。著書に「3分で感情を整理する心の整理手帳」(クロスメディア・パブリッシング)など。
関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ