• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今冬の東京は寒くなる!暖冬予想と矛盾する理由

2014年11月27日

観測場所がお引越し――天気予報の見方の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 来週からいよいよ12月、今年も残すところあと1カ月ちょっとです。

 そして12月から来年の2月までが気象の区分では「冬」です。

 この12~2月の3カ月予報が、11月25日に発表されました。

3カ月予報(気温)
3カ月予報(降水量)
関東より西は平年並みか高い予想だが、太平洋側で降水量が多くなるとみられている。平年より曇りや雨、寒気流入のタイミングによっては雪の日が多くなりそう。(気象庁HPより)

 関東甲信越地方から沖縄は、50%の確率で「平年より気温が高い」と予想され、寒い冬になる確率は20%しかありません。大陸からの寒気の影響を受けにくいとみられる半面、低気圧や前線が本州の南の海上を通りやすくなり、太平洋側では「冬晴れ」の日が少なくなりそうです。

 曇りや雨で体感的には「寒い」となる日が多く、寒気の流れ込むタイミングによっては雪になる心配をしなければなりません。

 とはいえ、昔に比べると冬の気温は高くなっている傾向です。特に、東京では平成になってから大幅に朝の冷え込みが緩んでいます。

 気象庁天気相談所による「東京の冬日(1日の最低気温が0度未満)の日数」を、平成元年を境にした25年間で比べてみます。

東京の冬日の日数
昭和39年(1964年)をまたぐ冬から昨冬までの51年間をみると、平成元年(1989年)以降、冬日がゼロという冬もあるほど、大幅に減っている。(日数データは気象庁天気相談所より)

 平成2年をまたぐ冬から平成26年をまたいだ昨冬にかけての25年間の合計は81日。

 平均すると、ひと冬で3日程度です。

 一方、昭和39年をまたぐ冬から昭和63年をまたぐ25年間の合計は464日。

 これには3月に氷点下になった分も加わっています。

 平均すると、ひと冬で19日くらいです。平成の25年間とくらべると6倍も多いのです。

 ちなみに平成元年をまたぐ冬はゼロでした。

 平成元年だけでなく、5年・16年・19年・21年と、5回も「冬日の無い冬」がありますが、これは昭和時代には無かったことです。

 ところが、今冬以降、東京は再び冬日が増える可能性があります。

 暖冬予想の中、なぜこんなことがいえるかというと、「気温を測る場所が変わるから」です。

 東京の気象観測は1875年から始まりました。

 現在の観測地点は大手町にある気象庁構内で、50年前の東京オリンピックが開催された年から続いています。開始当初の7年間は今の赤坂付近、次の約40年間は皇居北桔橋門付近、その後は現地点の通りを挟んだ向かい側あたりと、現在までに3回場所を変えています。

 そして12月2日に4回目の移転が予定され、現地点の気象庁から西へおよそ900m離れた北の丸公園内に変わります。

北の丸公園内の新しい観測場所に設置された看板。

 今回の移転の理由は、気象庁本庁舎がいずれ大手町から虎ノ門付近に移転するからです。本庁舎移転が決まってから、新しい観測場所の選定が進められていました。

選定の主な条件
1.約130年にわたり「皇居北側」での観測を続けてきたので、今後もそのデータを使えるように現在の周辺地域であること。

2.十分な広さや天空に対する開放度が、将来に渡って保てる場所。

3.緊急作業なども可能な場所。

以上を満たすことから、北の丸公園が選ばれました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ