• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

価値観の違いで、女友達と疎遠に。社会人になってから、親友を作るには

2014年11月18日

異質な人を恐れず、感性を豊かにすることで、関係を築く力が養われる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 結婚する・しない。子どもを産む・産まない。仕事を続ける・続けない――。女性の人生にはいくつかの大きな分岐点がありますね。どんな生きかたを選んだかで、これまで仲のよかった友だちや親友と、どことなくぎくしゃくしたり疎遠になっていったり……そんな経験を持つ女性も、実はすくなくないのではないでしょうか。元劇団四季という異色の経歴を持つ、プレゼントレーナーの櫻井秀樹さんが、そんなリアルな女性のお悩みに耳を傾けました。

【お悩み】社会人になってから、親友ができない
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 学生時代は、なんでも話せる友人がたくさんいましたし、親友にだって恵まれていました。
 なのに社会に出ると、結婚する女性、子どもを産む女性、キャリアを積む女性と、女性としての生きかたの違いで、みんなバラバラになっていきますよね。違う道を選んだ友だちとは話が合わなくなって、だんだん疎遠になっていき、とてもさみしいです。
 「友だち」「親友」って、そもそもどんな存在なのでしょうか? 社会人になったら、もう親友はできないのかと思うと、悲しくてなりません。
(陽子・事務職・25歳)

メソッドその7●
学生時代とは違う、社会人ならではの人間関係を築こう

 断言します。社会人になってからでも、親友を作ることは可能です!

 その前提として、まず社会人になってからの人間関係とは、どういうものなのかをお話ししましょう。

 社会人になってからの人間関係。

 学生時代のそれといちばん大きく異なるのは、価値観や経験、生きてきた環境などが違う人とも付き合う必要性が出てくるということでしょう。

 学生時代であれば、まわりには、離れてもせいぜい3~4歳と年齢の近い人、身なりや趣味、バイトや使えるお金なども、だいたい似たような人ばかりが集まっていたのではないでしょうか。

 そういった似た人たちとの付き合いは、ラクなものでもあったはずです。

 しかし社会人になったとたん、接する人の年齢の幅がぐっと広がりますし、自分とは違う分野の人たちとも話す必要性が出てきます。

 そういった相手とも距離を縮める努力をいとわず、自然に異分野へ飛び込んでいける人は、どんどん交友関係が広がっていきます。やがて、それはなにものにも代えられない財産となるでしょう。

 社内外を問わず、目上からは好かれ、後輩や部下からも慕われるはずです。もし独立でもするとなれば、すごい人脈に支えられるのは間違いありません。

 しかし、もし逆に「自分とは異なる人と距離を縮めるなんて面倒だ」と、自分に近い人たちばかりで集まっているとどうでしょうか。

人と距離を縮めることを面倒だと思っていませんか?

 新社会人の研修などを行っていると、人と距離を縮めることを面倒くさがる若手ビジネスパーソンが多いことに気付きます。

 先輩に挨拶すら、ろくにしない。「お忙しそうだったので、ご挨拶を控えさせていただいた」なんて言い訳をするのですが、僕には、ただ自分から挨拶すること、距離を縮めることを面倒がっているだけに見受けられます。

 先輩が仕事でメリットを与えてくれるなら挨拶してあげるよ、くらいに考えている人が、とても多いのです。

 これはかつての僕自身が、似たような勘違いをしていたからこそ、指摘していることでもあります。

 30歳で起業した当初。相手と親密な関係を築くことよりも、ビジネス上のメリットになるかならないかということばかりに意識が向いてしまっていました。起業したてで、早く売り上げを上げなければと焦るがあまり、そんな姿勢になってしまっていました。

 しかし、逆なんですよね。

 親しくなり、信頼関係が築かれていってこそ、では仕事でもご一緒しましょう、となる。

 恋愛でもおなじですよね。

 すこしずつ距離を縮めていって、そろそろ映画でも、なんて話になる。出会っていきなり付き合う・付き合わないなんて話を迫っていたら、相手は驚いてしまいます。

 新入社員でも、新しい部署に配属されたばかりの人でも、おなじです。

 先輩や上司と友だちになれとは言いません。

 ただ距離を縮めなければ、信頼関係は築けないし、仕事を任せようという気持ちなんて生まれないものなんですね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
櫻井秀樹
櫻井秀樹(さくらい・ひでき)
プレゼンスアップ・コンサルティング代表。“世界一厳しいプレゼントレーナー”。
早稲田大学卒業後、劇団四季俳優として、8年以上にわたる芸能活動をするなかで、「相手に選ばれる自分作りとその表現方法」を体系化。現在は劇団四季で培った表現力をビジネスの現場に応用、“世界一厳しいプレゼントレーナー”として、年間100本以上の企業研修・セミナーなどを通し、のべ3000人以上のビジネスパーソンに向けて、「選ばれる自分作り」のノウハウを伝えている。
俳優の役作りや即興演劇の技法を応用した体験型セミナーは、常に笑いと感動に満ち溢れ、アンケート評価は99%の満足度を誇る。
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ