• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キャッシー・ホーのココロとカラダの磨き方

気軽にできる!8つのダイエットハック

2014年11月20日

日常のちょっとした工夫でダイエットの効果がアップする!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 みなさんこんにちは!キャッシー・ホーです。今回はみなさんにちょっと意外な8つのダイエットハックをご紹介します。気軽に取り入れられるのでぜひダイエットに役立てて下さい!

1. 自分が着たいドレスや水着を見やすいところにかけておく

 自分の目標をイメージすることって大切!具体的なかたちとして目標が見えるとモチベーションも上がります。こうして見やすいところに自分の目標(私の場合は年末のパーティーに着たいドレス)を置いておけばそれを意識しながら1日を過ごすことができます。

2. 青い食器で食事をする

 青色は心を落ち着かせ、食欲を抑制する効果があります。マクドナルドのロゴなどに使われている赤や黄色は逆に食欲を促すことで知られています。比べてみると違いは歴然ですよね?お皿が難しい場合はランチョンマットやテーブルクロスを青色にしてみると良いでしょう。

3. よく寝る

 私もこのルールを守るのにいつも苦戦していますが、睡眠はとても大切です。睡眠不足やストレス過多になるとカラダはコルチゾールというストレスホルモンを多く分泌します。コルチゾール値が高くなると食欲が増し、腰回りや下腹に脂肪がつきやすくなり、ぽっこりお腹の原因に。お腹まわりの脂肪が気になる人は睡眠を見直すだけで効果があるかもしれません。

4. 運動中はテンポが速い音楽を聞く

 テンポが速い音楽を聞くとエネルギーが湧いてくるだけでなく、速いテンポに合わせて自然とカラダの動きも早くなり効果的な運動ができます。

5. 基礎代謝を上げるためにウェイトエクササイズをする

 基礎代謝をアップさせることで何もしていない時でもより多くのカロリーを燃焼することができます。そのためにはウェイトエクササイズで筋肉量を増やすことが大切です。でも、ジムに行って本格的にウェイトを持ち上げる必要はありません。自分の体重を使って行う腕立て伏せやPOPピラティス(本コラムでは脂肪燃焼エクササイズ体幹を鍛えるエクササイズをご紹介しています)などを行えば同じ効果を得ることができます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ